電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-18 15:15
リンクアグリゲーションを用いた仮想エッジサーバの提案
三澤 明望月このみ土屋英雄中川雅弘服部恭太片山 勝可児淳一NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,サーバ仮想化技術の急速な発展から,NFVやSDNのように,NW転送部に仮想化を取り入れる技術が議論されている.NWエッジは,他網との転送情報を交換し,サービスを提供し,公平性やセキュリティ,輻輳からNWを守るための様々な機能を持っており,エッジ機能を仮想化し,ユーザやサービス環境の変化に合わせた資源利用効率の高め,ライブマイグレーションに対応する高速に波長チャネルを切替するADM構成を提案してきた.本稿では,エッジ仮想化での波長資源を有効に利用するため,エッジサーバの入出力をリンクアグリゲーションにより広帯域化し,トラヒックの集約効果を高める構成を提案する.加えて,光分岐数によるスケール性の限界を解決するため電気レイヤと複合したBroadcast方式を提案する. 
(英) Network virtualization in terms of network function virtualization has been gaining attention due to emerging virtualization technology of cloud servers. We proposed a virtual edge architecture with a wavelength channel add/drop multiplexer (ADM) configuration to use network resources efficiently. We proposed link aggregation configuration of edge server effectively to concentrate user traffic from OLTs. In addition, electrical and optical broadcast-and-select method is proposed to enlarge the scalability instead of optical broadcast-and-select method.
キーワード (和) NW仮想化 / 仮想エッジ / PON / NFV / WDM/TDM / ADM / LAG /  
(英) NW Virtualization / Virtual edge / PON / NFV / WDM/TDM / ADM / LAG /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 312, PN2015-32, pp. 49-54, 2015年11月.
資料番号 PN2015-32 
発行日 2015-11-10 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2015-11-17 - 2015-11-18 
開催地(和) 日本女子大学 目白キャンパス 
開催地(英) Japan Women's Univ. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2015-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リンクアグリゲーションを用いた仮想エッジサーバの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Virtual edge servers architecture with link aggregation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NW仮想化 / NW Virtualization  
キーワード(2)(和/英) 仮想エッジ / Virtual edge  
キーワード(3)(和/英) PON / PON  
キーワード(4)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(5)(和/英) WDM/TDM / WDM/TDM  
キーワード(6)(和/英) ADM / ADM  
キーワード(7)(和/英) LAG / LAG  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三澤 明 / Akira Misawa / ミサワ アキラ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 このみ / Konomi Mochizuki / モチヅキ コノミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 英雄 / Hideo Tsuchiya / ツチヤ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 恭太 / Kyota Hattori / ハットリ キョウタ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 勝 / Masaru Katayama / カタヤマ マサル
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 可児 淳一 / Jun-ichi Kani / カニ ジュンイチ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-18 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-32 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2015-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会