電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-17 11:45
[招待講演]地域情報プラットフォームNerveNetの最新実証事例
井上真杉大和田泰伯鄭 炳表服部聖彦浜口 清NICTIN2015-61 MoNA2015-25
抄録 (和) 災害にも強い地域ネットワークの実現に向けて、メッシュ型アーキテクチャをベースとしたワイヤレスネットワークNerveNetの研究開発と実証を進めて来ている。NerveNetはユーザ端末やセンサ等のデバイスを無線収容する基地局を相互にメッシュ接続して構成するネットワークで、各基地局がパケット交換に加えて情報処理機能も有し、回線の一部が切断されたり外部ネットワークと切断されたりしても域内の通信とアプリケーションの提供を継続しやすいことに特徴がある。東北大学キャンパス内での大規模検証を踏まえて、宮城県女川町において耐災害イントラネットの実証実験を開始し、監視カメラによる港湾監視や避難所-役所間の音声通話を実証実験網のみで実現している。本年5月からは和歌山県西牟婁郡白浜町内においても耐災害ネットワークの実証を開始した。町内とその近郊に合計9基地局を設置してネットワークを構成し、観光スポットや役場など4カ所、9アクセスポイントでユーザ用Wi-Fiエリアを形成し、各基地局の情報処理機能を活かした避難所情報閲覧や電話機能など、インターネットと不通でも利用できるようになっている。これまでに3600名を越す観光客や住民に利用されている。これら常設型ネットワークとしての実証のほかに、可搬型装置により臨時にネットワークを構成する実験や消防車両に搭載して車両間通信を行う実験を行ってきている。これら実証事例を紹介し、最後に地域オペレーティングシステムへの発展について述べる。 
(英) We have been doing R&D and filed experiment of a mesh-topological wireless network “NerveNet” towards realizing a resilient regional network. NerveNet is composed of multiple interconnected basestations that accommodate devices. Each basestation has functions of database as well as packet routing, enabling NerveNet to provide communication and information services as much as possible even it has some failures or it is disconnected from the Internet in emergency situations. Based on the outcome of large-scale tests of NerveNet on a testbed deployed in two campuses of Tohoku University in 2013, NICT started a field trial of NerveNet as a regional resilient intra network in Onagawa town of Miyagi prefecture in 2014. It has been providing a camera surveillance of Onagawa port and intra phone between Onagawa town office and one shelter with the use NerveNet only. Since May of 2015 NICT has conducting another trial in Shirahama town of Wakayama prefecture. Nine basestations were installed in the town and its suburb. Five of them, with nine Wi-Fi access points, have been providing Wi-Fi access to users. The network has been providing unique services such as Shelter Map and Intra Phone available without the access to the Internet. More than 3600 residents and tourists have used the network. Not only these trials of NerveNet as a stationary network but also others as an ad-hoc network have been done. Latest field trials are presented and a future direction from regional information platform to regional operation system (ROS) is mentioned.
キーワード (和) NerveNet / 耐災害情報通信 / メッシュネットワーク / 実証実験 / / / /  
(英) NerveNet / resilient ICT / mesh network / field experiment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 310, IN2015-61, pp. 1-6, 2015年11月.
資料番号 IN2015-61 
発行日 2015-11-10 (IN, MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-61 MoNA2015-25

研究会情報
研究会 MoNA IN  
開催期間 2015-11-17 - 2015-11-18 
開催地(和) 熊本大学(黒髪南地区)(桜島の火山活動が活発なため鹿児島市から変更) 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ユビキタスネットワーク、BYOD、移動端末制御ネットワーク技術、M2M通信制御、自己組織化・自律分散制御、モバイルネットワーク、モバイルアプリケーション及び一般 
テーマ(英) Ubiquitous Network, BYOD, M2M, Contextware, Mobile Social Service, Mobile Service on Virtualization Environment, Mobile Offload, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-11-MoNA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地域情報プラットフォームNerveNetの最新実証事例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Latest Field Trials of A Regional Information Platform "NerveNet" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NerveNet / NerveNet  
キーワード(2)(和/英) 耐災害情報通信 / resilient ICT  
キーワード(3)(和/英) メッシュネットワーク / mesh network  
キーワード(4)(和/英) 実証実験 / field experiment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 炳表 / Byeong-pyo Jeong / ジョン ビョンピョ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 聖彦 / Kiyohiko Hattori / ハットリ キヨヒコ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 清 / Kiyoshi Hamaguchi / ハマグチ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-17 11:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-61,IEICE-MoNA2015-25 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.310(IN), no.311(MoNA) 
ページ範囲 pp.1-6(IN), pp.17-22(MoNA) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-11-10,IEICE-MoNA-2015-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会