電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-17 13:30
Back to Rings but not Tokens: Physical and Logical Designs for Distributed Filesystems intended for Bulk Transfer over E2E Emulated Cut-Through Circuits
Marat ZhanikeevKyutech
抄録 (和) Previous research has solidified the core idea referred to as circuit emulation. The chief premise is that bulk transfer -- Big Data shards, for a practical example -- can achieve the best e2e throughput when all the switches along the path are in the cut-through mode, as opposed to the store-and-forward mode when under any form of contention. Most networking technology in the world today, including network virtualization (SDN, NFV, etc.) runs under contention. This paper looks into physical and logical network designs that provide a degree of control over contention which, in turn, creates room for efficient scheduling of e2e circuits. The unit of new mode of networking is a ring, but -- rather than the comeback of Token Rings, this paper will talk about partially overlapping asynchronous rings. 
(英) Previous research has solidified the core idea referred to as circuit emulation. The chief premise is that bulk transfer -- Big Data shards, for a practical example -- can achieve the best e2e throughput when all the switches along the path are in the cut-through mode, as opposed to the store-and-forward mode when under any form of contention. Most networking technology in the world today, including network virtualization (SDN, NFV, etc.) runs under contention. This paper looks into physical and logical network designs that provide a degree of control over contention which, in turn, creates room for efficient scheduling of e2e circuits. The unit of new mode of networking is a ring, but -- rather than the comeback of Token Rings, this paper will talk about partially overlapping asynchronous rings.
キーワード (和) token rings / cut-through circuits / circuit emulation / bulk transfer / SDN / NFV / network virtualization / ring topology  
(英) token rings / cut-through circuits / circuit emulation / bulk transfer / SDN / NFV / network virtualization / ring topology  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 310, IN2015-62, pp. 7-10, 2015年11月.
資料番号 IN2015-62 
発行日 2015-11-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IN  
開催期間 2015-11-17 - 2015-11-18 
開催地(和) 熊本大学(黒髪南地区)(桜島の火山活動が活発なため鹿児島市から変更) 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ユビキタスネットワーク、BYOD、移動端末制御ネットワーク技術、M2M通信制御、自己組織化・自律分散制御、モバイルネットワーク、モバイルアプリケーション及び一般 
テーマ(英) Ubiquitous Network, BYOD, M2M, Contextware, Mobile Social Service, Mobile Service on Virtualization Environment, Mobile Offload, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-11-MoNA-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Back to Rings but not Tokens: Physical and Logical Designs for Distributed Filesystems intended for Bulk Transfer over E2E Emulated Cut-Through Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) token rings / token rings  
キーワード(2)(和/英) cut-through circuits / cut-through circuits  
キーワード(3)(和/英) circuit emulation / circuit emulation  
キーワード(4)(和/英) bulk transfer / bulk transfer  
キーワード(5)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(6)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(7)(和/英) network virtualization / network virtualization  
キーワード(8)(和/英) ring topology / ring topology  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ザニケエフ マラット / Marat Zhanikeev / ザニケエフ マラット
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-17 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-62 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IN-2015-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会