電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-11 09:55
高粘性組織測定のための2つの凹面型振動子を用いたMRエラストグラフィシステムの評価
島崎晋平菅 幹生森 昂也関根 雅千葉大)・岸本理和小畠隆行放射線医学総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Magnetic resonance elastography (MRE)は,外部加振により撮像対象内部に発生させたずり弾性波をMRIで画像化し,弾性波分布から逆問題を解くことで粘弾性率を定量的に推定する.粘性の高い生体組織では,ずり弾性波の減衰が大きく,粘弾性率の推定が困難となる.本研究では弾性波を効率的に生体深部に伝播させる手法を検討した.振動子の形状は一般的には平面型であるが,放物線形状の凹面型にすることで,深部で弾性波が集束して振幅を向上できる.また,振動子の数を増やすことで振幅の向上が期待できる.本研究では,高粘性ゲルファントムを対象として,振動子2つをファントムの左右に対面配置し,MREの弾性波画像を取得した.凹面型振動子を2つ利用した場合に物理測定値に近く均一な弾性率推定結果が得られたことより,同手法がMRE測定に有効であることが示唆された. 
(英) Magnetic resonance elastography (MRE) is a method to visualize viscoelastic modulus from shear wave images in tissue. In high-viscosity tissue, it is difficult to visualize viscoelastic modulus because of high attenuation of shear waves. The objective of this study was to evaluate MRE system with two concave drivers to enhance shear wave amplitude in deep tissue regions. Plane-shaped oscillators are used widely. To converge shear waves in a deep part of a target, a parabolic concave oscillator was developed. Using more than one oscillator together at once is expected to cause higher amplitude. In this study, we measured wave motion images of high viscosity-gel phantom by two oscillators placed oppositely both sides of the gel phantom. The results indicate that two concave oscillators will enable accurate measurement of the shear modulus in deep regions.
キーワード (和) MRI / Elastography / 加振装置 / 複数振動子 / 粘弾性 / / /  
(英) MRI / Elastography / acoustic driver / multi-oscillators / viscoelastic / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 301, MI2015-58, pp. 5-8, 2015年11月.
資料番号 MI2015-58 
発行日 2015-11-04 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-11-11 - 2015-11-11 
開催地(和) 奈良先端大 
開催地(英) NAIST 
テーマ(和) 広義の医用画像,医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging in a wide sense, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-11-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高粘性組織測定のための2つの凹面型振動子を用いたMRエラストグラフィシステムの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of MR Elastography system with two concave drivers for high viscosity tissue 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MRI / MRI  
キーワード(2)(和/英) Elastography / Elastography  
キーワード(3)(和/英) 加振装置 / acoustic driver  
キーワード(4)(和/英) 複数振動子 / multi-oscillators  
キーワード(5)(和/英) 粘弾性 / viscoelastic  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 晋平 / Shimpei Shimazaki / シマザキ シンペイ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 幹生 / Mikio Suga / スガ ミキオ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 昂也 / Takaya Mori / モリ タカヤ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 雅 / Masashi Sekine / セキネ マサシ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸本 理和 / Riwa Kishimoto / キシモト リワ
第5著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畠 隆行 / Takayuki Obata / オバタ タカユキ
第6著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-11 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-58 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2015-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会