お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-11 14:05
タイムラプスMR画像におけるマクロファージ追跡へのハンガリアン法の適用
田下徳起小橋昌司兵庫県立大)・森 勇樹阪大)・森本雅和相河 聡兵庫県立大)・吉岡芳親阪大)・畑 豊兵庫県立大MI2015-64
抄録 (和) 免疫細胞は人間の健康に深く関わっている.しかし,生体内では免疫細胞の動態を直接観察することが難しい.最近の研究により,11.7 T磁気共鳴画像化装置(MRI)を用いることで,免疫細胞の代表的な細胞であるマクロファージを生体内で観察できることが明らかになった.マクロファージの運動を定量化するためには,MR画像内のマクロファージの検出および追跡が必要である.本稿では,マウス脳11.7 TタイムラプスMR画像においてマクロファージの自動追跡手法を提案する.本手法は背景差分法を用いてマクロファージを検出し,ハンガリアン法を用いてマクロファージを追跡する.実験結果より,提案方法が正常にMR画像中のマクロファージを検出,追跡していることを示した. 
(英) Immune cells deeply affect human health. however, it is difficult to directly observe immune cells in vivo. Macrophage is the representative cell of immune cells. The recent study enables us to acquire single macrophage in vivo using 11.7 T magnetic resonance imaging (MRI). To quantify the kinematics of macrophages, it requires detection and tracking of macrophages in MR image. The kinematic analysis will help researchers to investigate the mechanism of autoimmune diseases. This paper proposes an automated single macrophage tracking method in mouse brain 11.7 T time-lapse MR images. The method detects them using background subtraction algorithm, and tracks using the Hungarian algorithm. The results showed that the proposed method detected and tracked macrophages in MR images successfully.
キーワード (和) マクロファージ / 磁気共鳴画像 / 免疫 / ハンガリアン法 / 複数物体追跡 / / /  
(英) Macrophage / MRI / Immune system / Hungarian algorithm / Multiple object tracking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 301, MI2015-64, pp. 31-36, 2015年11月.
資料番号 MI2015-64 
発行日 2015-11-04 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2015-64

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2015-11-11 - 2015-11-11 
開催地(和) 奈良先端大 
開催地(英) NAIST 
テーマ(和) 広義の医用画像,医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging in a wide sense, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2015-11-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) タイムラプスMR画像におけるマクロファージ追跡へのハンガリアン法の適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hungarian algorithm based macrophage tracking in time-lapse MR images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マクロファージ / Macrophage  
キーワード(2)(和/英) 磁気共鳴画像 / MRI  
キーワード(3)(和/英) 免疫 / Immune system  
キーワード(4)(和/英) ハンガリアン法 / Hungarian algorithm  
キーワード(5)(和/英) 複数物体追跡 / Multiple object tracking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田下 徳起 / Atsuki Tashita / タシタ アツキ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小橋 昌司 / Syoji Kobashi / コバシ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 勇樹 / Yuki Mori / モリ ユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 雅和 / Masakazu Morimoto / モリモト マサカズ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 相河 聡 / Satoru Aikawa / アイカワ サトル
第5著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 芳親 / Yoshichika Yoshioka / ヨシオカ ヨシチカ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 豊 / Yutaka Hata / ハタ ユタカ
第7著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-11 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-64 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2015-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会