電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-09 14:50
パルス圧縮パラメトリック超音波のSNR改善の検討
本多孝如野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大
抄録 (和) 高周波数超音波は伝搬に伴い,媒質による吸収が大きいため,遠方での画像化が困難となる.そこで,吸収が少ない低い周波数の超音波を用いたイメージングのために,指向性音源であるパラメトリック超音波にパルス圧縮技術を適用することが提案されている.本研究の目的は,パルス圧縮技術を用いたパラメトリック超音波画像のSNR向上である.従来,受信信号に対してパルス圧縮する際には振幅が一定の参照信号が用いられている.しかし実際には,受信信号は周波数,時間に応じて振幅が変化した信号が得られる.そのため,受信信号に対する適切な参照信号を用いてパルス圧縮の効率化をはかることで,SNRを向上させる検討を行った.結果はSNRの改善はほとんどなかったが,音源からの距離が近い位置で改善の可能性を示した. 
(英) Imaging used high frequency ultrasound is difficult at far distance because ultrasound is absorbed by medium with propagating. To resolve this problem pulse compression is applied to parametric ultrasound which is directional sound source since ultrasound imaging used low frequency which is low absorption is realized. The purpose of this study is to improve SNR of parametric ultrasound imaging used pulse compression. As the previous our study, a uniform amplitude chirp signal, which is desired parametric sound, was used as a reference signal for the pulse compression of the parametric sound. However, amplitude of actual received signal changes with time, that is, the amplitude depends on the instance frequency of chirp parametric sound. Therefore, to improve SNR, pulse compression used reference signal depended on amplitude of generated parametric ultrasound is applied. The results reveal SNR hardly improve but possibility of improving SNR at near distance from sound source.
キーワード (和) パルス圧縮 / パラメトリック超音波 / SNR / / / / /  
(英) Pulse compression / Parametric ultrasound / SNR / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 299, US2015-69, pp. 23-28, 2015年11月.
資料番号 US2015-69 
発行日 2015-11-02 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2015-11-09 - 2015-11-09 
開催地(和) 産業技術総合研究所 名古屋駅前イノベーションハブ 
開催地(英) Nagoya Ekimae Office for Inovation hub, AIST 
テーマ(和) 一般
(協賛:名古屋駅前イノベーションハブ) 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2015-11-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パルス圧縮パラメトリック超音波のSNR改善の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of SNR for pulse compressed parametric ultrasound 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルス圧縮 / Pulse compression  
キーワード(2)(和/英) パラメトリック超音波 / Parametric ultrasound  
キーワード(3)(和/英) SNR / SNR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 孝如 / Takayuki Honda / ホンダ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 英之 / Hideyuki Nomura / ノムラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 日出夫 / Hideo Adachi / アダチ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 友男 / Tomoo Kamakura / カマクラ トモオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-09 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2015-69 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.299 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2015-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会