電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-06 15:55
クイズ解答音声の正答・誤答認識処理における事前確率を考慮した認識スコアしきい値設定法
西 宏之木村義政柿木稔男崇城大ISEC2015-45 SITE2015-32 LOIS2015-39
抄録 (和) 音声認識は,スマートホンやカーナビにおける情報入力のように,未知の入力音声が,あらかじめ用意された単語辞書内のどの単語ないし単語の連鎖であるかを同定するアプリケーションに用いられることが多い.しかし,クイズにおいて解答者の音声が正答であるか否かを認識するタスクのように,利用者がある単語を発話したか否かを確かめるアプリケーションに用いられることもある.そのような場合,正答となる単語の事前確率は,クイズ問題の難易度に依存し,一般的な音声認識のように,大量の文章からその単語の出現確率を学習しておくという手法を使うことはできない.本論文では問題の難易度から得られる正答率(事前確率)と,正答と誤答の認識スコア分布の違いから正答音声が含まれているか否かを識別する手法を提案した.さらに正答・誤答を正しく認識できない割合(エラー率)を定義し,システムの設計条件として要求されるエラー率を実現するため,解答者に再発話を要求すべき認識スコアのしきい値を求める手法を明らかにした. 
(英) As in the information input in the smart phone and car navigation systems, speech recognition is often used in applications in order to identify a word or words in the dictionary. However, in the task of quiz, the system is required to determine whether the answer's voice is correct or not for question.
In this situation, the prior probability of the correct answer word can not be obtained from the large number of documents. It depends on the difficulty of the question.
This report proposes the new method to identify whether a correct answer is included in the speech or not using the error rate defined as the design condition of the system
キーワード (和) クイズ / 音声認識 / 事前確率 / 認識スコア / 認識精度 / / /  
(英) quiz / speech recognition, / prior probability / recognition score / accuracy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 295, LOIS2015-39, pp. 59-65, 2015年11月.
資料番号 LOIS2015-39 
発行日 2015-10-30 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2015-45 SITE2015-32 LOIS2015-39

研究会情報
研究会 LOIS ISEC SITE  
開催期間 2015-11-06 - 2015-11-07 
開催地(和) 神奈川大学 1号館804会議室 
開催地(英) Kanagawa Univ. 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2015-11-LOIS-ISEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クイズ解答音声の正答・誤答認識処理における事前確率を考慮した認識スコアしきい値設定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The threshold value design of recognition score considering the prior probability in a quiz speech recognition system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クイズ / quiz  
キーワード(2)(和/英) 音声認識 / speech recognition,  
キーワード(3)(和/英) 事前確率 / prior probability  
キーワード(4)(和/英) 認識スコア / recognition score  
キーワード(5)(和/英) 認識精度 / accuracy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 宏之 / Hiroyuki Nishi / ニシ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 義政 / Kimurra Yoshimasa / キムラ ヨシマサ
第2著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿木 稔男 / Kakinoki Toshio / カキノキ トシオ
第3著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-06 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2015-45,IEICE-SITE2015-32,IEICE-LOIS2015-39 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.293(ISEC), no.294(SITE), no.295(LOIS) 
ページ範囲 pp.59-65 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2015-10-30,IEICE-SITE-2015-10-30,IEICE-LOIS-2015-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会