お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-06 15:50
忠実な色再現画像において背景領域が主観品質に与える影響の評価実験
仲間祐華子東工大)・小川賀代日本女子大)・中村友哉山口雅浩東工大EID2015-8 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2015-8
抄録 (和) スペクトルに基づき色再現を行うことにより、実物の質感や色に限りなく忠実な画像をディスプレイ上に表示できる。このとき画像を表示するディスプレイの周辺環境とディスプレイに表示した画像の背景を一致させ、画像中の被写体の実物らしさ、すなわち実在感を高めることができる可能性がある。本研究ではこの影響を検討するため、視覚的な主観評価実験を行った。背景、被写体それぞれの色差を変化させた画像を評価画像とし、画像全体、被写体のみについて、それぞれ「実在感」「質感」「色再現性」の3項目を5段階で評価した。結果から、「実在感」「色再現性」に関しては画像の背景が周辺の背景に一致することで評価が高くなる傾向が確認された。また、背景がグレーの場合と比較すると背景の色が一致することで被写体の実在感、質感が増すことが示された。 
(英) A spectrum-based color reproduction technique enables high-fidelity image display, faithful to the texture and color of the original object. In such high-fidelity color display systems, it will be possible to enhance the reality of the reproduced image if the background color in the image is matched with that surrounding the display. Therefore, we conducted a subjective evaluation experiment to investigate the effect of the background color. From the results, it was confirmed that the "reality" and "color reproducibility" were highly evaluated by matching the background color with the surround of the display. In addition, the evaluation of the “reality" and "material appearance" were higher when the background color in the image matched with that surrounding the display than the case when the background in the image was gray.
キーワード (和) 色再現 / 分光画像 / 主観評価 / / / / /  
(英) Color reproduction / Subjective evaluation / Spectral image / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 296, EID2015-8, pp. 17-20, 2015年11月.
資料番号 EID2015-8 
発行日 2015-10-30 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2015-8 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2015-8

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY ITE-HI ITE-3DMT IEE-OQD SID-JC  
開催期間 2015-11-06 - 2015-11-06 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 画像技術,視覚・画質関連,その他一般 
テーマ(英) Imaging Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2015-11-EID-IDY-HI-3DIT-OQD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 忠実な色再現画像において背景領域が主観品質に与える影響の評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Subjective image evaluation of the effect of background region in high-fidelity color reproduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色再現 / Color reproduction  
キーワード(2)(和/英) 分光画像 / Subjective evaluation  
キーワード(3)(和/英) 主観評価 / Spectral image  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲間 祐華子 / Yukako Nakama / ナカマ ユカコ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 賀代 / Kayo Ogawa / オガワ カヨ
第2著者 所属(和/英) 日本女子大学 (略称: 日本女子大)
Japan Women's University (略称: Japan Women's Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 友哉 / Tomoya nakamura / ナカムラ トモヤ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雅浩 / Masahiro Yamaguchi / ヤマグチ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-06 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2015-8 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2015-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会