電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-06 13:10
スパイラル共振器の無負荷Qに対する塩水の影響
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-60
抄録 (和) 海水中給電の効率を上げるために、塩水が共振器に与える影響を解明する必要がある。共振器としては最もスペース効率の高いスパイラル共振器を選び、共振周波数、塩分濃度、磁界/電界結合比などの関数として無負荷Q値を測定した。海水はNaClなどの電解質を大量に含む電解液であり、これらのデータを元に海水という電解液による共振器損失機構を解明する手がかりを掴みたい。また本稿では新たな解明の鍵となる電磁界エネルギーの算出を試みた。 
(英) It is necessary to elucidate the influence of the salt water to a resonator in order to improve the efficiency of the WPT system under seawater. We have chosen in a spiral resonator which has the highest space efficiency in resonators and measured its unloaded Q resonant frequency, salinity, the magnetic / electric coupling ratio. The seawater is an electrolyte including electrolytes such as NaCl and thus, we want to catch a clue for elucidating the resonator loss mechanism by such electrolyte as the seawater based on these data. In addition, we have tried to calculator the electromagnetic field energy to find the key to new elucidation of the loss mechanism in this report.
キーワード (和) WPTシステム / 海水 / 海中給電 / 電磁界エネルギー / C付きスパイラル共振器 / 無負荷Q値 / /  
(英) Wireless Power Transfer System / spiral resonator with capacitor / seawater / unloaded Q / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 289, WPT2015-60, pp. 73-78, 2015年11月.
資料番号 WPT2015-60 
発行日 2015-10-28 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2015-60

研究会情報
研究会 AP RCS WPT SAT  
開催期間 2015-11-04 - 2015-11-06 
開催地(和) 沖縄県立博物館・美術館 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum & Art Museum 
テーマ(和) 一般、電波伝搬、無線通信、衛星通信、無線電力伝送 
テーマ(英) Antenna and Propagation, Radio Communication, Satelite Communication, Wireless Power Transfer 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2015-11-AP-RCS-WPT-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スパイラル共振器の無負荷Qに対する塩水の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of salt water for Spiral resonator unloaded Q 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WPTシステム / Wireless Power Transfer System  
キーワード(2)(和/英) 海水 / spiral resonator with capacitor  
キーワード(3)(和/英) 海中給電 / seawater  
キーワード(4)(和/英) 電磁界エネルギー / unloaded Q  
キーワード(5)(和/英) C付きスパイラル共振器 /  
キーワード(6)(和/英) 無負荷Q値 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川辺 健太朗 / Kentaro Kawabe / カワベ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二神 大 / Dai Futagami / フタガミ ダイ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 陽軍 / Yangjun Zhang / チョウ ヨウグン
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 俊雄 / Toshio Ishizaki / イシザキ トシオ
第4著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟井 郁雄 / Ikuo Awai / アワイ イクオ
第5著者 所属(和/英) 株式会社リューテック (略称: リューテック)
Ryutech.corp (略称: Ryutech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-06 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2015-60 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2015-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会