電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-06 12:45
[招待講演]人命救助のための移動通信技術の有効活用について ~ 緊急公助用ワイヤレスシステム ~
曽根高則義サイバーフィジカルシステム研ISEC2015-40 SITE2015-27 LOIS2015-34
抄録 (和) 2011年3月11日に宮城県北部沖で発生したマグネチュード9.0、震度7の大地震は、日本観測史上最大の被害を各地にもたらした。この想定外の被害の中で、今までなされていた技術的な研究はなすすべを失い、命を繋ぐ役目を十分に果たせなかったのも事実である。特に80%以上の人達が命を繋ぐものとして持って逃げたとされる携帯電話は、移動通信用基地局の被災によって停波し、被災が酷かった場所では命を繋ぐものとして使われることがないまま“黄金の72時間”(緊急初動期)が過ぎ去り、携帯電話の電池切れとともに全ての機能を失ってしまった。
本報告では、この事実を鑑みて、多くの人が所持する携帯電話の技術の一部を使い、山岳地域の遭難者や家屋倒壊時の要救助者の捜索などに役立たせる仕組みを提案し、その有効性について述べる。更に、その提案の実現性の有無を明らかにするために行われている実証実験についても取り上げ、技術面と運用面での解決策などにも言及する。最後に、この提案の先にある将来の発展系についても述べる。 
(英) On March 11, 2011, the most powerful earthquake of seismic intensity 7, magnitude 9.0 happened in North coast of Miyagi, which brought the most serious damage in wide areas of north-east Japan since records began. Facing this unexpected disaster, it was a fact that all the existing and accomplished technical work was failed to fulfill its role completely to support people and save their lives under such circumstance. The mobile phones, which more than 80% of the people brought with them at the time of escaping disaster as tools to support themselves, did not work as their expectations in severely damaged areas due to damage on the base stations and lost all functions together with loss of its battery life and the “golden 72 hours” (the urgent initial response period) was just passed without maximum use of them to support the people.
Taking these facts into consideration, a new structure utilizing some technical parts of mobile phones being widely used to be applied for the searches of victims in mountainous areas and/or for the rescuers at emergency scenes such like where houses and buildings are collapsing is proposed and its effectiveness is also described in this report. In addition, the on-going experiment to inspect operability of this proposal is picked up and solutions from both technical and Operation aspects are also considered. Finally, the prospective evolution beyond this proposal is described.
キーワード (和) 移動通信システム / 緊急通信 / IMSI / プロトコル / / / /  
(英) Mobile Communication System / Emergency Communication / International Mobile Subscriber identity / Protocol / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 295, LOIS2015-34, pp. 25-32, 2015年11月.
資料番号 LOIS2015-34 
発行日 2015-10-30 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2015-40 SITE2015-27 LOIS2015-34

研究会情報
研究会 LOIS ISEC SITE  
開催期間 2015-11-06 - 2015-11-07 
開催地(和) 神奈川大学 1号館804会議室 
開催地(英) Kanagawa Univ. 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2015-11-LOIS-ISEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人命救助のための移動通信技術の有効活用について 
サブタイトル(和) 緊急公助用ワイヤレスシステム 
タイトル(英) Effective Utilization of Mobile Communication Technology for Life-Saving 
サブタイトル(英) State Emergency Wireless System 
キーワード(1)(和/英) 移動通信システム / Mobile Communication System  
キーワード(2)(和/英) 緊急通信 / Emergency Communication  
キーワード(3)(和/英) IMSI / International Mobile Subscriber identity  
キーワード(4)(和/英) プロトコル / Protocol  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根高 則義 / Noriyoshi Sonetaka / ソネタカ ノリヨシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社サイバーフィジカルシステム研究所 (略称: サイバーフィジカルシステム研)
Institute of Cyber Physical Systems, Inc. (略称: ICPS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-06 12:45:00 
発表時間 60 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2015-40,IEICE-SITE2015-27,IEICE-LOIS2015-34 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.293(ISEC), no.294(SITE), no.295(LOIS) 
ページ範囲 pp.25-32 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2015-10-30,IEICE-SITE-2015-10-30,IEICE-LOIS-2015-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会