電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-06 09:55
サポートベクターマシンによる併走車両の識別
堤 恍貴桑原義彦静岡大AP2015-143
抄録 (和) ミリ波レーダにおいて,サポートベクターマシン(SVM : Support Vector Machine)により20mから100m離れた併走車両の有無を識別して追い抜き可能か判断するシステムを提案する.これまで追い越しや追い抜きのための複数の併走車両の識別は到来方向推定情報に基づいていた.本技術ではSVMが前方車線の併走車両の有無を識別して追い抜き可能か判断する.計算機シミュレーションにより,2車線と3車線を想定した場合,提案手法が精度よく追い抜き判断できることを紹介する. 
(英) We propose a system for the millimeter-wave radar that identifies the presence or absence of a running alongside vehicle at a distance from 20 to 100 meter and determines whether possible overtaking by Support Vector Machine (SVM). So far, identification of multiple vehicle was based on the direction-of-arrival information. In the proposed technique, we identifies only the presence or absence of a vehicle and determines whether possible overtaking. We demonstrate that the proposed method can accurately determine if overtaking or not by numerical simulation.
キーワード (和) ミリ波 / レーダ / サポートベクタマシン / 追い抜き / / / /  
(英) millimeter wave / Radar / Support Vector Machine / Overtaking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 286, AP2015-143, pp. 189-194, 2015年11月.
資料番号 AP2015-143 
発行日 2015-10-28 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2015-143

研究会情報
研究会 AP RCS WPT SAT  
開催期間 2015-11-04 - 2015-11-06 
開催地(和) 沖縄県立博物館・美術館 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum & Art Museum 
テーマ(和) 一般、電波伝搬、無線通信、衛星通信、無線電力伝送 
テーマ(英) Antenna and Propagation, Radio Communication, Satelite Communication, Wireless Power Transfer 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-11-AP-RCS-WPT-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サポートベクターマシンによる併走車両の識別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Identification of parallel running vehicles by the support vector machine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / millimeter wave  
キーワード(2)(和/英) レーダ / Radar  
キーワード(3)(和/英) サポートベクタマシン / Support Vector Machine  
キーワード(4)(和/英) 追い抜き / Overtaking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堤 恍貴 / Hiroki Tsutsumi / ツツミ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 義彦 / Yoshihiko Kuwahara / クワハラ ヨシヒコ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-06 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-143 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.189-194 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会