電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-06 09:00
アイデンティティ操作としての自己情報コントロール ~ 「アイデンティティ」をめぐる実践的諸問題と情報倫理学とのつながり ~
壁谷彰慶千葉大ISEC2015-36 SITE2015-23 LOIS2015-30
抄録 (和) 自身の「アイデンティティ」に対して個人がとる操作には、能動的なあり方と受動的なあり方とがある。それぞれの典型として、インターネット上の創作的な自己提示と、「ライフストーリーワーク」における自己回復とをとりあげる。二つの自己情報コントロール実践を、情報倫理学的に対比しつつ考察することで、「アイデンテ
ィティ」とそれに対する操作について、豊かな概念分析を行うことが期待される。 
(英) We can both affect and be affected by our "identity". In the internet, people are likely to present information about themselves in a manner apart from what they actually are. In the children's nursing work called "Life Story Work", children are supported to recover their own past information by parentals. These two cases are in contrast for the attitude information subjects have toward their "identity". Then, considering these two cases interrelatedly in information ethics can help make clear the complex facet of the concept "identity" and its management.
キーワード (和) アイデンティティ / プライバシー / 情報倫理 / ライフストーリーワーク / 子どもの権利 / ケア / /  
(英) Identity / Privacy / Information ethics / Life story work / Children's right / Care / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 294, SITE2015-23, pp. 1-6, 2015年11月.
資料番号 SITE2015-23 
発行日 2015-10-30 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2015-36 SITE2015-23 LOIS2015-30

研究会情報
研究会 LOIS ISEC SITE  
開催期間 2015-11-06 - 2015-11-07 
開催地(和) 神奈川大学 1号館804会議室 
開催地(英) Kanagawa Univ. 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2015-11-LOIS-ISEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アイデンティティ操作としての自己情報コントロール 
サブタイトル(和) 「アイデンティティ」をめぐる実践的諸問題と情報倫理学とのつながり 
タイトル(英) Self Information Control as Identity Management 
サブタイトル(英) Practical Problems of "Identity" leading to Information Ethics 
キーワード(1)(和/英) アイデンティティ / Identity  
キーワード(2)(和/英) プライバシー / Privacy  
キーワード(3)(和/英) 情報倫理 / Information ethics  
キーワード(4)(和/英) ライフストーリーワーク / Life story work  
キーワード(5)(和/英) 子どもの権利 / Children's right  
キーワード(6)(和/英) ケア / Care  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 壁谷 彰慶 / Akiyoshi Kabeya /
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-06 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2015-36,IEICE-SITE2015-23,IEICE-LOIS2015-30 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.293(ISEC), no.294(SITE), no.295(LOIS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2015-10-30,IEICE-SITE-2015-10-30,IEICE-LOIS-2015-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会