電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-05 13:30
[ポスター講演]端末間のすれ違い通信を用いた目的地情報共有と避難行動の効率化
服部聖彦NICT)・建部尚紀電通大)・大和田泰伯加川敏規浜口 清NICTASN2015-64
抄録 (和) 災害の発生時においては,既存の通信インフラが物理的障害や輻輳により不能になることが考えられる.本研究はインフラ不能時においても,避難者の端末間すれ違い通信を用いた情報共有により,最寄り避難所への円滑な移動を支援するための情報共有システムにおいて,その実現妥当性をシミュレーションにより検証する.具体的には各避難者が保持している携帯端末の無線インタフェースによるすれ違い通信を用い,避難経路情報を交換し,その情報が避難行動にどのような影響があるのかをシミュレータを用いて検証した.その結果,過多の情報共有は全体の避難効率を阻害することが明らかになった. 
(英) In this research, we propose a system to support smooth evacuation to the nearest shelter with information sharing using SpotPass communication among refuge's terminals at the time of communications infrastructure destroyed, and validate effectiveness of our system through simulations. Specifically, mobile terminals each refuge maintains exchanges refuge movement information using SpotPass communication. Subsequently, shares refuge's destination shelter information and influence by which shared information gives it to evacuation behavior was verified by using the Scenargie simulator. As a result, it became clear that excessive information sharing obstructs the refuge efficiency of the whole.
キーワード (和) すれ違い通信 / DTN / 情報共有 / 避難行動 / マルチエージェントシミュレーション / / /  
(英) SpotPass Communication / DTN / Information sharing / Evacuation behavior / Multi-Agent Simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 290, ASN2015-64, pp. 29-30, 2015年11月.
資料番号 ASN2015-64 
発行日 2015-10-29 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2015-64

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2015-11-05 - 2015-11-06 
開催地(和) NICT小金井本部 
開催地(英) NICT Koganei HQ 
テーマ(和) 農業×計測×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般 
テーマ(英) Agriculture x Measurement x ICT Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 端末間のすれ違い通信を用いた目的地情報共有と避難行動の効率化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficiency of evacuation behavior by sharing destination information with SpotPass communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) すれ違い通信 / SpotPass Communication  
キーワード(2)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(3)(和/英) 情報共有 / Information sharing  
キーワード(4)(和/英) 避難行動 / Evacuation behavior  
キーワード(5)(和/英) マルチエージェントシミュレーション / Multi-Agent Simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 聖彦 / Kiyohiko Hattori / ハットリ キヨヒコ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
The National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 建部 尚紀 / Noaoki Tatebe / タテベ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
The National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加川 敏規 / Toshinori Kagawa / カガワ トシノリ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
The National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 清 / Kiyoshi Hamaguchi / ハマグチ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
The National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-05 13:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-64 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.290 
ページ範囲 pp.29-30 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-ASN-2015-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会