電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-31 15:10
歴史事象の因果マップ作成における擬似力覚呈示
堀口 匠柏原昭博電通大ET2015-50
抄録 (和) 歴史学習では,事象間の因果関係を理解し,歴史の流れを学ぶことが重要となる.因果関係の理解を支援する方法として,因果マップがある.因果マップとは,事象をノード,事象間の因果関係をリンクで表現するものであり,こうしたマップを学習者に作成させることで,事象間の因果関係を視覚的に理解しやすくできる.しかしながら,マップを作成するだけでは,事象間の因果関係を見つけ出すことは容易ではなく,事象間の因果が連鎖しているような場合,その連鎖までを理解することは難しい.そこで,本稿では,事象間の因果関係と因果の連鎖を理解させるために,マップ作成に擬似力覚を呈示することで,事象間の因果関係および因果連鎖に気づかせる手法を提案する. 
(英) In learning history, it is important to understand causal relationships among historical events and a chain of the relationships. A causal map, in which the historical events are represented as nodes and the causal relationships are represented as links between the nodes, can visualize the relationships and the causal chain. However, it is difficult to become aware of them in the map generation. This paper proposes a method to allow the learners to become aware of the causal relationships between historical events and the causal chain with pseudo-haptic feedback on iPad. This paper also demonstrates a tablet tool on iPad, which helps the learners generate a causal map from a historical text.
キーワード (和) 擬似力覚 / 因果マップ / 歴史学習 / タブレットメディア / / / /  
(英) Pseudo-Haptic Feedback / Causal Map Generation / History Learning / Tablet Media / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 285, ET2015-50, pp. 37-42, 2015年10月.
資料番号 ET2015-50 
発行日 2015-10-24 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2015-50

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-10-31 - 2015-10-31 
開催地(和) 日本文理大学 湯布院研修所 
開催地(英) Nippon Bunri Univ. (Yufuin Training Institute) 
テーマ(和) 先進的教育・学習支援/一般 
テーマ(英) Advanced Education/Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歴史事象の因果マップ作成における擬似力覚呈示 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Causal Map Generation with Pseudo-Haptic Feedback for Learning Historical Events 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 擬似力覚 / Pseudo-Haptic Feedback  
キーワード(2)(和/英) 因果マップ / Causal Map Generation  
キーワード(3)(和/英) 歴史学習 / History Learning  
キーワード(4)(和/英) タブレットメディア / Tablet Media  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀口 匠 / Takumi Horiguchi / ホリグチ タクミ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏原 昭博 / Akihiro Kashihara / カシハラ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-31 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2015-50 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.285 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-10-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会