電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-31 13:00
[招待講演]新しいデバイス技術を用いた学習支援の可能性に向けて
松原行宏広島市大ET2015-46
抄録 (和) 個人でいつでもどこでも利用可能な携帯端末やタブレット端末,ヒトの動作を非接触で簡便に計測できる装置(モーションキャプチャシステム),仮想空間上で力覚を提示できるデバイスなどの新しい技術の開発が盛んに行われている.また,それらの装置やデバイス開発の進歩も著しく,安価で入手できるようになってきている.著者らの研究室ではそれらの新技術や新デバイスを積極的に組み入れた新しい学習支援システムの形態について研究を進めている.本報告では開発したいくつかの学習支援システムを報告し,その可能性について展望する. 
(英) Recently, the new smart device such as the tablet PC and the smart phone has well developed and spread many field including educational and learning service society rapidly. The users can access e-learning cloud service and database easily anytime and anywhere they want. Also many new device and peripheral equipment have exploited, such as the non-contact style simple motion capture system, the force-feedback device and so forth. The author’s research group has focused on those new technology and devices and developed new style learning support system. In this article, we report those leaning support systems and prospect future learning support environment.
キーワード (和) 新しいデバイス技術 / 学習支援 / VR/AR / 力覚提示デバイス / モーションキャプチャシステム / / /  
(英) New technology new device / Learning support system / VR/AR / Haptics device / Motion capture system / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 285, ET2015-46, pp. 17-20, 2015年10月.
資料番号 ET2015-46 
発行日 2015-10-24 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2015-46

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-10-31 - 2015-10-31 
開催地(和) 日本文理大学 湯布院研修所 
開催地(英) Nippon Bunri Univ. (Yufuin Training Institute) 
テーマ(和) 先進的教育・学習支援/一般 
テーマ(英) Advanced Education/Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 新しいデバイス技術を用いた学習支援の可能性に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward the effective learning support environment based on new technology and new device and equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新しいデバイス技術 / New technology new device  
キーワード(2)(和/英) 学習支援 / Learning support system  
キーワード(3)(和/英) VR/AR / VR/AR  
キーワード(4)(和/英) 力覚提示デバイス / Haptics device  
キーワード(5)(和/英) モーションキャプチャシステム / Motion capture system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 行宏 / Yukihiro Matsubara / マツバラ ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-31 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2015-46 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.285 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2015-10-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会