お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-30 10:00
半陰的FDTD法を利用した長距離電磁波伝搬の高精度解析
藤田和広富士通EMT2015-76 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-76
抄録 (和) 時間領域有限差分法(FDTD法)は電磁波の時間領域解析に広く使われている.近年,標準的なFDTD法に対して構造解析などで有名な陰解法であるNewmark-Beta法を部分的に導入することにより,一つの空間方向に数値分散誤差を持たない半陰的2次元FDTD法が提案された.本稿では,電磁波が特定の方向に長距離伝搬する2次元問題に対して同半陰的FDTDスキームを適用する.数値分散誤差の蓄積は見られず,標準的なFDTD法よりも高精度であることを示す. 
(英) The finite-difference time-domain (FDTD) method has been widely used for time domain analysis of electromagnetic wave. The author has recently proposed a semi-implicit two-dimensional (2-D) FDTD method without numerical dispersion errors along a spatial direction by partially introducing the implicit Newmark-Beta method, which is famous for structural analysis, into the standard FDTD method. In this paper the semi-implicit FDTD scheme is applied into 2-D problems including electromagnetic waves propagating in a specific direction. It is demonstrated that no accumulation of the dispersion error appears in the long-range propagation problems, and also it is more accurate than the standard FDTD.
キーワード (和) FDTD法 / Newmark-Beta法 / 数値分散 / 安定条件 / / / /  
(英) FDTD method / Newmark-Beta method / numerical dispersion / stability condition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 279, EMT2015-76, pp. 185-190, 2015年10月.
資料番号 EMT2015-76 
発行日 2015-10-22 (EMT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2015-76 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-76

研究会情報
研究会 EMT IEE-EMT  
開催期間 2015-10-29 - 2015-10-31 
開催地(和) ANAホリデイ・イン宮崎 
開催地(英) Holiday Inn ANA Resort Miyazaki 
テーマ(和) 電磁界理論一般 
テーマ(英) Electromagnetic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2015-10-EMT-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半陰的FDTD法を利用した長距離電磁波伝搬の高精度解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High precision analysis of long-rage electromagnetic wave propagation by utilizing the semi-implicit FDTD method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(2)(和/英) Newmark-Beta法 / Newmark-Beta method  
キーワード(3)(和/英) 数値分散 / numerical dispersion  
キーワード(4)(和/英) 安定条件 / stability condition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 和広 / Kazuhiro Fujita / フジタ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-30 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-EMT2015-76 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.279 
ページ範囲 pp.185-190 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMT-2015-10-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会