お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-27 09:30
[技術展示]Development of LTE/WiGig interworking heterogeneous networks
Shozo OkasakaToshiaki SakuraiPanasonic)・Hailan PengKazuya MoriwakiShinobu NanbaKDDI R&D Labs.SR2015-53 SRW2015-34
抄録 (和) The LTE technology has widely been used for offering mobile broadband access. The radio specification of LTE is optimized for the use with lower than 6GHz frequency that have good propagation properties to provide connectivity for mobile users. However, the new frequency bands above 6GHz, such as millimeter-wave, where large bandwidth is available, should be exploited to deal with the increasing traffic demands. Wireless Gigabit (WiGig) is an available millimeter-wave radio access technology that can achieve very high throughput. However, the coverage of WiGig access points is very limited due to the propagation properties of millimeter wave. Therefore, the heterogeneous network of LTE and WiGig interworking is a promising solution to achieve large capacity by offloading user-plane traffic to WiGig while keeping control-plane connectivity with LTE. This paper presents our developed proof-of-concept hardware of LTE/WiGig interworking heterogeneous network. 
(英) The LTE technology has widely been used for offering mobile broadband access. The radio specification of LTE is optimized for the use with lower than 6GHz frequency that have good propagation properties to provide connectivity for mobile users. However, the new frequency bands above 6GHz, such as millimeter-wave, where large bandwidth is available, should be exploited to deal with the increasing traffic demands. Wireless Gigabit (WiGig) is an available millimeter-wave radio access technology that can achieve very high throughput. However, the coverage of WiGig access points is very limited due to the propagation properties of millimeter wave. Therefore, the heterogeneous network of LTE and WiGig interworking is a promising solution to achieve large capacity by offloading user-plane traffic to WiGig while keeping control-plane connectivity with LTE. This paper presents our developed proof-of-concept hardware of LTE/WiGig interworking heterogeneous network.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) heterogeneous networks / LTE/WiGig interworking / millimeter-wave / C/U-splitting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 273, SR2015-53, pp. 27-28, 2015年10月.
資料番号 SR2015-53 
発行日 2015-10-19 (SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2015-53 SRW2015-34

研究会情報
研究会 SR SRW  
開催期間 2015-10-26 - 2015-10-27 
開催地(和) 構造計画研究所(本所新館) 
開催地(英) KKE 
テーマ(和) 技術展示,製品展示,ポスター 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-10-SR-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of LTE/WiGig interworking heterogeneous networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / heterogeneous networks  
キーワード(2)(和/英) / LTE/WiGig interworking  
キーワード(3)(和/英) / millimeter-wave  
キーワード(4)(和/英) / C/U-splitting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡坂 昌蔵 / Shozo Okasaka / オカサカ ショウゾウ
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 利昭 / Toshiaki Sakurai / サクライ トシアキ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 彭 海蘭 / Hailan Peng / Hailan Peng
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森脇 和也 / Kazuya Moriwaki / モリワキ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 忍 / Shinobu Nanba / ナンバ シノブ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-27 09:30:00 
発表時間 150 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2015-53,IEICE-SRW2015-34 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.273(SR), no.274(SRW) 
ページ範囲 pp.27-28 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2015-10-19,IEICE-SRW-2015-10-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会