電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-25 13:40
双極型ロジスティックカオスニューロンを用いたIsingネットワークの分岐
伊藤大輔滋賀県立大)・美井野 優上田哲史徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) NP困難問題の簡素なモデルとして,Ising ネットワークモデルがある.近年,同モデルの最適解を解くソルバーとして光子を用いたコヒーレントIsing マシンが注目されている.このマシンは理想的には最適解を有限項時間で解くことが可能であり,分岐現象が深く関係していることが知られている,しかし,そのモデルの振る舞いを数理モデルとして扱う場合,煩雑であり現象の理解には高度な解析技術が求められる.本報告では,光子の相転移運動をニューロンモデルに置き換えることで,簡素で本来の特性を損なわない離散モデルを提案し,その分岐現象を調査する. 
(英) The Ising network can be considered as the simple NP-complex problem model. Recent years, a coherent Ising machine using a light quantum attracts as to solve this problems. This machine can solve the optimum solution of a given problem in the polynomial time, and its behavior is closely related bifurcation phenomena. However, a light quantum dynamical model and the Ising model based on it are high complexity, and these understandings require expert knowledge of the photon and quantum. In this report, we provide the Ising model using discrete-time dynamical map modeling the phase transition of a photon. Our model has a simple description and can emulate features of previous one.
キーワード (和) イジングネットワーク / カオスニューロン / 分岐現象 / / / / /  
(英) Ising network / Chaos neuron / Bifurcation phenomena / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 268, NC2015-27, pp. 59-62, 2015年10月.
資料番号 NC2015-27 
発行日 2015-10-18 (BioX, MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE BioX NC  
開催期間 2015-10-25 - 2015-10-25 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME, バイオメトリクス, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2015-10-MBE-BioX-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双極型ロジスティックカオスニューロンを用いたIsingネットワークの分岐 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bifurcation phenomena of the Ising network with a bipolar logistic chaos neuron 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イジングネットワーク / Ising network  
キーワード(2)(和/英) カオスニューロン / Chaos neuron  
キーワード(3)(和/英) 分岐現象 / Bifurcation phenomena  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大輔 / Daisuke Ito / イトウ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
The University of Shiga Prefecture (略称: Univ. of Shiga Prefecture)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 美井野 優 / Yu Miino / ミイノ ユウ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲史 / Tetsushi Ueta / ウエタ テツシ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-25 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-BioX2015-32,IEICE-MBE2015-43,IEICE-NC2015-27 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.266(BioX), no.267(MBE), no.268(NC) 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-BioX-2015-10-18,IEICE-MBE-2015-10-18,IEICE-NC-2015-10-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会