電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-25 15:40
多チャンネル刺激用VLSIチップを用いたin-vivoラット皮質内微小電流刺激の検討
梅比良裕一林田祐樹二見成俊高谷光基亀田成司八木哲也阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大脳皮質視覚野への皮質内微小電気刺激は,網膜や視神経経路に障害を持つ重度視覚障害者において,視機能の一部を人工的に再建する手段の一つとして,古くからその可能性が示唆されてきた。しかしながら,多点刺激により誘発される視知覚や脳視覚野の神経応答については,依然として殆ど分っていない。一方,脳神経補綴に向けた多チャンネル刺激装置については,これまで無線式を含めたシステムが多数提案されてきている。我々の研究グループにおいても独自に64チャンネルの電流パルス刺激を可能にするVLSIチップを開発した。そこで本研究では,麻酔下のラット大脳皮質視覚野内に多点電極を刺入し,我々の開発した刺激VLSIチップを用いて微小電流刺激を行い,その脳組織中での通電性能および神経応答誘発における有用性をin-vivo生理学実験を通じて検証した。 
(英) It has been long believed that intracortical microstimulation to the visual cortex can be one of the methods that artificially induce a certain level of visual sensation for people with a severe visual impairment. However, the visual perception and neural responses in the visual cortex induced by multi-site microstimulation remain little understood. On the other hand, a number of wireless multi-channel stimulation systems have been proposed for use in neural prostheses. Recently, also our group constructed a multi-channel stimulator VLSI chip that can generate current pulse stimulus in 64 channels. Therefore, in this study, we verified the validity of this stimulator chip in the performance of current injections, and of inducing neural responses, with using a multi-channel electrode inserted in the primary visual cortex of anesthetized rats in vivo.
キーワード (和) 人工視覚 / 皮質内微小刺激 / 多チャンネル刺激チップ / 神経イメージング / 生理学実験 / / /  
(英) Visual prosthesis / Intracortical microstimulation / Multi-channel stimulator VLSI chip / In-vivo neural imaging / Physiological experiments / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 267, MBE2015-46, pp. 71-76, 2015年10月.
資料番号 MBE2015-46 
発行日 2015-10-18 (BioX, MBE, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE BioX NC  
開催期間 2015-10-25 - 2015-10-25 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME, バイオメトリクス, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2015-10-MBE-BioX-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多チャンネル刺激用VLSIチップを用いたin-vivoラット皮質内微小電流刺激の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Intracortical microstimulation in rats in vivo by using a multi-channel stimulator VLSI chip 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人工視覚 / Visual prosthesis  
キーワード(2)(和/英) 皮質内微小刺激 / Intracortical microstimulation  
キーワード(3)(和/英) 多チャンネル刺激チップ / Multi-channel stimulator VLSI chip  
キーワード(4)(和/英) 神経イメージング / In-vivo neural imaging  
キーワード(5)(和/英) 生理学実験 / Physiological experiments  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 裕一 / Yuichi Umehira / ウメヒラ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林田 祐樹 / Yuki Hayashida / ハヤシダ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 二見 成俊 / Shigetoshi Hutami / フタミ シゲトシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 光基 / Kouki Takatani / タカタニ コウキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 成司 / Seiji Kameda / カメダ セイジ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 哲也 / Tetsuya Yagi / ヤギ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-25 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-BioX2015-35,IEICE-MBE2015-46,IEICE-NC2015-30 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.266(BioX), no.267(MBE), no.268(NC) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2015-10-18,IEICE-MBE-2015-10-18,IEICE-NC-2015-10-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会