お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-22 09:55
直交偏波変換機能を有する2層構造ループスロット型周波数選択板
半田詩郎久世竜司堀 俊和藤元美俊福井大AP2015-93
抄録 (和) 周波数選択板(FSS: Frequency Selective Surface)は,特定の周波数の電磁波を透過または反射する表面であり,金属素子を狭い間隔で周期的に配置した構造で実現できる.電磁波の透過・反射位相の制御が可能であることから空間フィルタとして,様々な用途に用いられている.本報告では,直交偏波変換機能を有する新たなFSSを簡易な構成により実現する.まず,FSSを用いた直交偏波変換の動作原理,および直交偏波変換を可能とするFSSの構造を明らかにする.次に,2層構造ループスロット型FSSを用いたときの直交偏波変換特性を明らかにする.検討の結果,層間距離h=0.4λ0,およびユニットセルのアスペクト比py/px=1.5の場合に,比帯域幅0.9%の帯域において,透過損失が1.0dB以下の直交偏波変換が可能である. 
(英) FSS(Frequency Selective Surface) is a surface which pass or reject electromagnetic wave at a specific frequency. It is realized by a structure that metal elements arranged periodically in the small distance. It is used in various applications as a spatial filter because it is possible to control the phase of electromagnetic wave. This paper proposes a novel FSS with orthogonal polarization conversion function with a simple structure. The operating principle of the orthogonal polarization conversion using the FSS is described. And the structure of the FSS with an orthogonal polarization conversion features is clarified. In addition, orthogonal polarization conversion characteristics of the double layered Loop-slot type FSS is shown. As a result, orthogonal polarization conversion with loss of the transmission amplitude less than 1.0dB at 0.9% of relative frequency bandwidth is possible when the interlayer distances and the aspect ratio is h=0.4λ0 and py/px=1.5, respectively.
キーワード (和) 周波数選択板 / FSS / 偏波変換 / 直交偏波 / / / /  
(英) FSS / Polarization conversion / Orthogonal polarization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 258, AP2015-93, pp. 5-8, 2015年10月.
資料番号 AP2015-93 
発行日 2015-10-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2015-93

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-10-22 - 2015-10-23 
開催地(和) 山口県労福協会館 
開催地(英) Yamaguchi Pref. Roufukukyo-kaikan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antenna and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交偏波変換機能を有する2層構造ループスロット型周波数選択板 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Double layered Loop-Slot Type FSS with Orthogonal Polarization Conversion Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数選択板 / FSS  
キーワード(2)(和/英) FSS / Polarization conversion  
キーワード(3)(和/英) 偏波変換 / Orthogonal polarization  
キーワード(4)(和/英) 直交偏波 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 詩郎 / Shiro Handa / ハンダ シロウ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ.Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 竜司 / Ryuji Kuse / クセ リュウジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ.Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ.Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ.Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-22 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2015-93 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.258 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2015-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会