電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-15 15:00
[ポスター講演]すれ違い通信を利用したキャラクター育成アプリの実証実験
畑中崇志福野太洋多保田耕平鷲見恭仁関 智広樋口 健橘 拓至福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,来客数を増加させて商店街の活性化を実現するために,iOS端末用に開発したキャラクター育成アプリケーションの実証実験を行う.本アプリでは,Bluetoothによるすれ違い通信を利用することで,キャラクターの育成や他ユーザとのキャラクターバトルを実行する.地域活性化用アプリにゲーム要素を導入することで,幅広い層への普及が想定され,商店街の活性化が期待できる.また本アプリの実証実験は,福井駅周辺の商店の協力の下で実施し,各店舗に商店用のアプリ端末を設置している.ユーザの端末が商店に設置する端末とすれ違い通信を行うと,育成中のキャラクターが成長するため,キャラクターを育成したいユーザが商店を訪問することが期待できる.この実証実験によって,本アプリの地域活性化に対する有効性を調査する. 
(英) In this paper, we perform a demonstration of a character rearing game application that was developed for iOS. This application was developed for the regional activation so that the store traffic increases, and a character is reared and contends with another character when a user passes any user. By introducing the gamification into the application for the regional activation, it is expected that the application is used by a larger number of users. The demonstration is performed with a shopping mall near Fukui station and a mobile terminal where the application has been installed is set in each shop. When a user passes the mobile terminal in a shop, the rearing character is reared. From this demonstration, we investigate the effectiveness of this application in the regional activation.
キーワード (和) すれ違い通信 / 実証実験 / アプリケーション / 地域活性化 / ゲーミフィケーション / / /  
(英) Delay tolerant networks / Demonstration / Application / Regional activation / Gamification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 251, NS2015-96, pp. 51-54, 2015年10月.
資料番号 NS2015-96 
発行日 2015-10-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2015-10-15 - 2015-10-16 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英) Akita Univ. 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) すれ違い通信を利用したキャラクター育成アプリの実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of Character Rearing Game Application in Delay Tolerant Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) すれ違い通信 / Delay tolerant networks  
キーワード(2)(和/英) 実証実験 / Demonstration  
キーワード(3)(和/英) アプリケーション / Application  
キーワード(4)(和/英) 地域活性化 / Regional activation  
キーワード(5)(和/英) ゲーミフィケーション / Gamification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑中 崇志 / Takayuki Hatanaka / ハタナカ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福野 太洋 / Takahiro Fukuno / フクノ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 多保田 耕平 / Kohei Tabota / タボタ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲見 恭仁 / Yasuhito Sumi / スミ ヤスヒト
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 智広 / Tomohiro Seki / セキ トモヒロ
第5著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健 / Ken Higuchi / ヒグチ ケン
第6著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 拓至 / Takuji Tachibana / タチバナ タクジ
第7著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-15 15:00:00 
発表時間 80 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-96 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2015-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会