お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-09 15:50
ScAlN圧電薄膜から励起されたコヒーレントフォノンのBrillouin散乱
趙 恩慧川部昌彦高柳真司同志社大)・鈴木雅視柳谷隆彦早大)・松川真美同志社大US2015-63
抄録 (和) Brillouin散乱とは,入射したフォトンと物質内の熱的な格子振動であるフォノンとの非弾性衝突により,入射光の周波数がシフトする現象である.Brillouin散乱法を用いると,薄膜などの音速を非破壊及び非接触に測定出来る.また,レーザ光の集光により局所的に音波を観測出来るので,媒質中に伝搬する音速の空間分布を測定出来る.しかし,Brillouin散乱光が大変微弱であるため,フォトマルによる長時間加算測定が必要であるという弱点があった.この問題の改善のために我々は,ZnO圧電薄膜を用いて試料中にコヒーレントフォノンを励起させ,約1/400程度の測定時間を短縮することに成功した.本研究では,試料(石英ガラス)にScAlN圧電薄膜を成膜し,薄膜からコヒーレントフォノンを励起させることにより,強い散乱光を得ることができ,約1/8670の時間短縮に成功した. 
(英) Brillouin scattering spectroscopy allows to investigate a shift frequency of the incident light in GHz range, which occurs by inelastically-scattering between photons and thermal phonons. It is a non-destructive and non-contact technique used to determine the velocity of an acoustic wave in thin materials, such as crystalline solids, ceramics, or amorphous materials. However, it needs a long measurement time for the sufficient accuracy. It has been known that it is possible to improve the accuracy by using coherent induced phonons. In this study, we used a ScAlN piezoelectric thin film HBAR (High-overtone bulk acoustic resonator) to induce phonons by applying an electric field directly with a microprobe, and achieved the reduction of measurement time by 1/8670.
キーワード (和) Brillouin散乱 / ScAlN圧電薄膜 / 励起フォノン / / / / /  
(英) Brillouin scattering / ScAlN piezoelectric thin film / Induced phonon / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 246, US2015-63, pp. 27-30, 2015年10月.
資料番号 US2015-63 
発行日 2015-10-02 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2015-63

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2015-10-09 - 2015-10-09 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2015-10-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ScAlN圧電薄膜から励起されたコヒーレントフォノンのBrillouin散乱 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Brillouin scattering measurement of coherent phonons induced by ScAlN piezoelectric thin film 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Brillouin散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) ScAlN圧電薄膜 / ScAlN piezoelectric thin film  
キーワード(3)(和/英) 励起フォノン / Induced phonon  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 恩慧 / Eunhye Cho / チョウ ウネ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川部 昌彦 / Masahiko Kawabe / カワベ マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 真司 / Shinji Takayanagi / タカヤナギ シンジ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 雅視 / Masashi Suzuki / スズキ マサシ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳谷 隆彦 / Takahiko Yanagitani / ヤナギタニ タカヒコ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa / マツカワ マミ
第6著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-09 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2015-63 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2015-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会