電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-02 09:50
マルチプル同時通信の可能性 ~ エリア情報伝送法 ~
郡 武治静岡理工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまで、通信の多くは1対1の相互伝送をベースにしている。多くの端末が同時アクセスするインターネットで用いられているTCP-IPもよく見ると1対1の再送制御である。今後、M2Mなど、機械と機械の通信が多くなると予測される。機械は人間と異なり、多彩な情報処理を同時に行うことができる。これまでの1対1通信すなわち点と線による情報伝送法は必ずしも最適ではない。筆者は、これまでと全く異なる通信形態として、エリア的に同時情報伝送する方法を提案する。1回の伝送で関連端末の情報共有を可能とする新たな通信モデルを定義し、この通信を実現するため、新たな誤り制御法を合わせて提案する。提案方法では、1回の同報伝送により、複数の端末は無線リソースの効率的利用を図りなから、全端末が瞬時に全情報を共有する。このことから、瞬時状況判断、関連情報から創出される新たな情報の生成及び共有が可能になる。予測困難な環境における高度な制御、自律分散制御など機械に合った利用が可能となると考えられる。
本論文では、最初に提案するエリア情報伝送法の原理を説明する。次に実現するために必要な誤り制御法を示し、その効果について述べる。最後に、応用例として、位置検出、ネットワークロボット、車のABSへの適用を考える。 
(英) Many of the communication is based on the mutual transmission of one-to-one. TCP-IP which many terminals are used in the Internet for simultaneous access is also well seen when one-to-one re-transmission control. The most of the communication is based on mutual transmission of one-to-one. TCP-IP used in the Internet is also well seen when one-to-one re-transmission control.
Future, M2M etc. are expected to be many communications machine-to-machine. Machine Unlike humans, it is possible to perform a variety of information processing at the same time. Information transmission method by which up to one-to-one communication that is the point and the line is not always optimal.
The author proposes a method to area based simultaneous information transmission. This is quite different communication methods with the conventional communication. First, we will explain the new communication model that allows the sharing of information related terminal at one time. Next, in order to realize this communication, we propose a new error control method.
The proposed method, the instantaneous situation judgment, to allow the creation of new information that is created from related information. This method also allows the advanced control was in the machine, such as an autonomous distributed control use in unpredictable environments.
In this paper, we will explain the principles of the area information transmission method proposed. It shows an error control method needed to be realized. Finally, as an application example, the position detection, the network robot, consider the application to the car ABS.
キーワード (和) マルチプルアクセス / 同報通信 / 誤り検出 / 誤り訂正 / M2M / IOT / /  
(英) Multiple Access / Simultaneous Communication / Error Detection / Error Collection / M2M / IOT / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 233, RCS2015-178, pp. 113-118, 2015年10月.
資料番号 RCS2015-178 
発行日 2015-09-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2015-10-01 - 2015-10-02 
開催地(和) YRP(横須賀) 
開催地(英) YRP (Yokosuka) 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチプル同時通信の可能性 
サブタイトル(和) エリア情報伝送法 
タイトル(英) A Multiple Simultaneous Communication 
サブタイトル(英) An area Information Transfer system 
キーワード(1)(和/英) マルチプルアクセス / Multiple Access  
キーワード(2)(和/英) 同報通信 / Simultaneous Communication  
キーワード(3)(和/英) 誤り検出 / Error Detection  
キーワード(4)(和/英) 誤り訂正 / Error Collection  
キーワード(5)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(6)(和/英) IOT / IOT  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 郡 武治 / Takeharu Kohri / コオリ タケハル
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-02 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-178 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.233 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-09-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会