お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-17 14:55
[フェロー記念講演]線形受動相反2ポート系のkQ積公式
大平 孝豊橋技科大MW2015-92 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-92
抄録 (和) 2ポート系の特性はそのS行列で記述されることが多い。それはポート間の伝達性能という意味で直感に愬えるからである。ところが、S行列は50Ωなど特定のインピーダンスを基準とすることを前提としているので、電源や負荷のインピーダンスが変わるとそのままでは使えない。基準インピーダンスに関わりなく使えるパラメータとしてZ行列がある。これらは逆に、伝達性能を直接的に表さないので直感的にわかりにくい。そこで、基準インピーダンスに対して不変、かつ、伝達性能を表す指標「kQ積」が登場する。本講演ではキャパシタ回路と巻線トランスを例に挙げ、結合係数kと2ポートQファクタの数式表現と物理的意味を述べる。これらを統一する性能指数としてkQ積を定義する。システムのZパラメータからkQ積を計算するための汎用公式を与える。 
(英) Two-port systems are often evaluated in terms of S parameters. They well express the system's transfer function, but depend on the measurement instrument reference impedance. We need an invariant pilotage for performance estimation. This paper presents kQ product concept for linear passive reciprocal two-port systems. Two simple examples are given, i.e., capacitor network and transformer. We introduce coupling coefficient k and two-port Q factor for performance indices. They are taken into account to define kQ product as unified figure of merit. Finally shown is a versatile formula to predict kQ product from S or Z parameters of the system.
キーワード (和) kQ積 / 結合係数 / Qファクタ / インピーダンス行列 / / / /  
(英) kQ product / coupling coefficient / Q factor / impedance matrix / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 227, MW2015-92, pp. 29-30, 2015年9月.
資料番号 MW2015-92 
発行日 2015-09-10 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-92 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-92

研究会情報
研究会 MW AP  
開催期間 2015-09-17 - 2015-09-18 
開催地(和) 小山高専 
開催地(英) Oyama National College of Tech. 
テーマ(和) マイクロ波ミリ波,一般 
テーマ(英) Microwave and Millimeter-wave 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2015-09-MW-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形受動相反2ポート系のkQ積公式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Linear Passive Reciprocal Two-Port Systems as Viewed from kQ Product Perspective 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) kQ積 / kQ product  
キーワード(2)(和/英) 結合係数 / coupling coefficient  
キーワード(3)(和/英) Qファクタ / Q factor  
キーワード(4)(和/英) インピーダンス行列 / impedance matrix  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-17 14:55:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2015-92 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.227 
ページ範囲 pp.29-30 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MW-2015-09-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会