電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-15 14:30
科学論文の自動査読システムは可能か(デジタル言語学) ~ 複雑科学概念のオブジェクト指向データベースへの登録 ~
得丸公明自然思想家PRMU2015-89 IBISML2015-49
抄録 (和) これまで言語処理は隠れマルコフモデル(HMM)などのアナログ処理によって,音韻波形から意味を類推していた.なぜならば,(1) 文法の定義が確立されておらず,(2) 言語情報である会話文の音韻構造が解明されておらず,(3) 脳内で言語を処理している部位・細胞・分子構造がわかっていなかったからである.筆者は2009年10月の思考と言語研究会以来,音声言語のデジタル性(=論理性)について研究を続けてきたが,ようやく文法と概念を伝え理解するヒト音声言語の論理性の全貌がみえてきたので,言語処理のための論理モデルの構築を試みる.それは現代科学の難題である学際的科学論文の自動査読システムの構築に結びつかないだろうか. 
(英) To date, linguistic processing has been based on analog system such as HMM and meanings have been inferred from sound waveforms based on experiences. Because (1) the definition of grammars are not yet established, (2) the phonetic structure of speech sentences (=linguistic information) has not yet clarified, and (3) in-brain organ, cells and molecular structures for linguistic processing have not yet been identified. The author has been studying the digital (= logical) characteristics of spoken language consisting of grammars and concepts, and has been successful in conceptualizing its overall logical structures. Thus he tries to establish a logical model for linguistic processing. It is envisaged that an automatic peer review system for interdisciplinary scientific papers can be established.
キーワード (和) デジタル言語学 / 文法の定義 / 概念の定義 / 言語処理の生理機構 / オブジェクト指向データベース / 複雑論理概念 / トポロジー / ネットワーク解析  
(英) Digital Linguistics / Definition of Grammar / Definition of Concept / Physiology of Linguistic Processing / Object Oriented Database / Complex Logical Concept / Topology / Network Analysis  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 225, IBISML2015-49, pp. 155-162, 2015年9月.
資料番号 IBISML2015-49 
発行日 2015-09-07 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2015-89 IBISML2015-49

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2015-09-14 - 2015-09-15 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ビッグデータ時代のメディア処理と機械学習,データ収集と活用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2015-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 科学論文の自動査読システムは可能か(デジタル言語学) 
サブタイトル(和) 複雑科学概念のオブジェクト指向データベースへの登録 
タイトル(英) Toward an Automatic Peer Review System for Scientific Papers (Digital Linguistics) 
サブタイトル(英) Registration of Complex Scientific Concepts on OODB 
キーワード(1)(和/英) デジタル言語学 / Digital Linguistics  
キーワード(2)(和/英) 文法の定義 / Definition of Grammar  
キーワード(3)(和/英) 概念の定義 / Definition of Concept  
キーワード(4)(和/英) 言語処理の生理機構 / Physiology of Linguistic Processing  
キーワード(5)(和/英) オブジェクト指向データベース / Object Oriented Database  
キーワード(6)(和/英) 複雑論理概念 / Complex Logical Concept  
キーワード(7)(和/英) トポロジー / Topology  
キーワード(8)(和/英) ネットワーク解析 / Network Analysis  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 公明 / Kimiaki Tokumaru / トクマル キミアキ
第1著者 所属(和/英) 自然思想家 (略称: 自然思想家)
Natural Philosopher (略称: Natural Philosopher)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-15 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-PRMU2015-89,IEICE-IBISML2015-49 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.224(PRMU), no.225(IBISML) 
ページ範囲 pp.155-162 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-PRMU-2015-09-07,IEICE-IBISML-2015-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会