電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-14 16:45
形状記述子としての新しい距離集合
岩田一貴広島市大PRMU2015-75 IBISML2015-35
抄録 (和) 形状の整合において,距離集合は用途の広い局所記述子として知られている.
距離集合は単に点の間の距離の集合であるため,その実装は簡単である.
また,形状の等長変換に対して不変であり,形状を構成する点の順序付けを必要としないという優れた性質がある.
しかしながら,整合にかかる計算量が距離集合の要素数に比例して膨大に大きくなるという問題があるため,性能と計算量はトレードオフの関係にある.
本論文の目的は,アルゴリズムという意味で効率の良い整合がとれる新しい局所記述子を提案することである.
提案する局所記述子は,距離集合と同様に,点の間の距離の集合として定義される.
距離集合と提案する局所記述子の違いは,集合の要素の選び方と並べ方のみである.
計算機実験では,提案する局所記述子の計算時間が距離集合と比べて格段に短いにも関わらず,提案する局所記述子は距離集合に匹敵する性能があることを示す. 
(英) The distance set is well-known in shape matching as a versatile local descriptor of shape.
This is easy to construct because it consists of ordinary distances between sample points on a shape.
Moreover, it is invariant under isometric operations and remains unaffected by whether a shape is represented with an ordered set of points or an unordered set.
However, there is a tradeoff between performance and computational feasibility in matching with the distance sets.
The aim of this paper is to give a new descriptor that provides a more efficient matching in terms of computer algorithms.
In fact, our descriptor is also a set of ordinary distances, and the difference between the distance set and our descriptor lies only in the choice and order of the distances.
We show that, although our descriptor runs more quickly, it is equivalent to the distance set in terms of shape retrieval.
キーワード (和) 形状の整合 / 局所記述子 / 距離集合 / ヒルベルト距離 / / / /  
(英) shape matching / local descriptor / distance set / Hilbert distance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 224, PRMU2015-75, pp. 55-59, 2015年9月.
資料番号 PRMU2015-75 
発行日 2015-09-07 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2015-75 IBISML2015-35

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2015-09-14 - 2015-09-15 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ビッグデータ時代のメディア処理と機械学習,データ収集と活用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2015-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 形状記述子としての新しい距離集合 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Novel Distance Set as a Shape Descriptor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 形状の整合 / shape matching  
キーワード(2)(和/英) 局所記述子 / local descriptor  
キーワード(3)(和/英) 距離集合 / distance set  
キーワード(4)(和/英) ヒルベルト距離 / Hilbert distance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 一貴 / Kazunori Iwata / イワタ カズノリ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-14 16:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2015-75,IEICE-IBISML2015-35 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.224(PRMU), no.225(IBISML) 
ページ範囲 pp.55-59 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2015-09-07,IEICE-IBISML-2015-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会