電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-04 14:15
[特別講演]半陰的FDTD法とその応用
藤田和広富士通EST2015-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:EST2015-68
抄録 (和) 時間領域有限差分法(FDTD法)は陽的および陰的解法に大別される.近年,それらの中間的な解法として,陰的な更新式と陽的な更新式が混在した半陰的なFDTD法が注目されている.本講演では,典型的な半陰的FDTD法とその応用を系統的に概説する.さらに,著者が提案した磁界の陰的な時間更新式を有する半陰FDTD法とその最近の進展も紹介する. 
(英) The finite-difference time-domain (FDTD) method is mainly categorized into explicit and implicit schemes. Recently, as its intermediates, semi-implicit FDTD methods based on hybridization of implicit and explicit update equations have attracted attention. In this talk, we systematically review the conventional semi-implicit FDTD methods and their applications. Moreover, we also present the semi-implicit FDTD method with implicit magnetic field update equations proposed by the author, and its recent progress.
キーワード (和) FDTD法 / 半陰的スキーム / 安定性 / 数値分散 / / / /  
(英) FDTD Method / Semi-implicit scheme / Stability / Numerical dispersion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 213, EST2015-68, pp. 77-80, 2015年9月.
資料番号 EST2015-68 
発行日 2015-08-27 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2015-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:EST2015-68

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2015-09-03 - 2015-09-04 
開催地(和) 石垣島 大濱信泉記念館 
開催地(英) Oohama-Nobumoto-Kinenkan, Ishigaki Island, Okinawa, Japan 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2015-09-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半陰的FDTD法とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-implicit FDTD methods and their applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 / FDTD Method  
キーワード(2)(和/英) 半陰的スキーム / Semi-implicit scheme  
キーワード(3)(和/英) 安定性 / Stability  
キーワード(4)(和/英) 数値分散 / Numerical dispersion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 和広 / Kazuhiro Fujita / フジタ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-04 14:15:00 
発表時間 35 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2015-68 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.213 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EST-2015-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会