お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-04 09:50
Write-Once Memory Codes for the AMAC with Efficient Threshold Decoding
Erick Christian Garcia AlvarezRyota SekiyaBrian Michael KurkoskiJAISTIT2015-36
抄録 (和) Write-once memories (WOM) codes applied to the discrete memoryless asymmetric multiple access channel (AMAC) provides complexity reduction at the decoder. Comparing with joint iterative decoding, the proposed method confers system benefits such as independent decoding for each user, avoiding increases in decoding latency, and benefits for systems that are computationally constrained. The research is divided in two main parts; I) The theoretical part: any achievable rate pair for a two-write WOM code is an achievable rate pair for the two-user AMAC channel. WOM codes can achieve the AMAC sum-rate capacity, at one specific rate pair, but are suboptimal in general. II) The finite-length part: we consider finite-length WOM codes in order to establish performance under a posteriori probability decoding. 
(英) Write-once memories (WOM) codes applied to the discrete memoryless asymmetric multiple access channel (AMAC) provides complexity reduction at the decoder. Comparing with joint iterative decoding, the proposed method confers system benefits such as independent decoding for each user, avoiding increases in decoding latency, and benefits for systems that are computationally constrained. The research is divided in two main parts; I) The theoretical part: any achievable rate pair for a two-write WOM code is an achievable rate pair for the two-user AMAC channel. WOM codes can achieve the AMAC sum-rate capacity, at one specific rate pair, but are suboptimal in general. II) The finite-length part: we consider finite-length WOM codes in order to establish performance under a posteriori probability decoding.
キーワード (和) Asymmetric MAC / WOM code / achievable rate region / posteriori probability / / / /  
(英) Asymmetric MAC / WOM code / achievable rate region / posteriori probability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 214, IT2015-36, pp. 13-18, 2015年9月.
資料番号 IT2015-36 
発行日 2015-08-28 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-36

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2015-09-04 - 2015-09-04 
開催地(和) 白山菖蒲亭 
開催地(英) Hakusan Shobutei 
テーマ(和) 誤り訂正符号,一般(「誤り訂正符号のワークショップ」と併催) 
テーマ(英) error correcting codes, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2015-09-IT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Write-Once Memory Codes for the AMAC with Efficient Threshold Decoding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Asymmetric MAC / Asymmetric MAC  
キーワード(2)(和/英) WOM code / WOM code  
キーワード(3)(和/英) achievable rate region / achievable rate region  
キーワード(4)(和/英) posteriori probability / posteriori probability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Erick Christian Garcia Alvarez / Erick Christian Garcia Alvarez /
第1著者 所属(和/英) Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Ryota Sekiya / Ryota Sekiya /
第2著者 所属(和/英) Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Brian Michael Kurkoski / Brian Michael Kurkoski /
第3著者 所属(和/英) Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-04 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2015-36 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.214 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2015-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会