お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-04 09:25
シンボルペア通信路における代数的符号の復号問題について
瀧田 愼神戸大)・廣友雅徳佐賀大)・森井昌克神戸大IT2015-35
抄録 (和) 本稿では,シンボルペア通信路における代数的符号の復号問題について議論する.
シンボルペア通信路は記録媒体に保存された符号語のシンボルを2ビットずつ出力する通信路である.
この通信路における誤りや距離の概念としてペア誤りとペア距離が定義される.
本稿では,BCH符号を対象とし,シンボルペア通信路上で生じた2ペア誤りをシンドロームを用いて代数的に求める方法を提案する.
まず,ペア誤りの位置を表す誤り位置多項式と受信したペアベクトルの矛盾する位置を表す矛盾位置多項式を定義する.
そして,それらの多項式とシンドロームの関係式を導く.最後にその関係式を代数的に解くことで,誤り位置多項式を求めペア誤りを推定する方法を与える. 
(英) In this paper, we discuss a decoding problem of algebraic codes over symbol-pair read channels.
The channels output overlapping pairs of symbols in storage applications.
Pair distance and pair error are used in the channels.
In this paper, we focus on decoding of BCH codes over the symbol-pair read channels, and propose how to correct two pair errors by algebraic method.
First, we define a polynomial that represents positions of pair error as error-location polynomial and a polynomial that represents positions of pairs of received pair vector in conflict as conflict-location polynomial.
Then, we show a relationship between these polynomials and syndromes.
Finally, we provide how to correct pair errors by solving simultaneous equations including the relational expression by algebraic method.
キーワード (和) シンボルペア通信路 / ペア誤り訂正 / BCH符号 / シンドローム / 誤り位置多項式 / / /  
(英) symbol-pair read channel / pair error correcting / BCH code / syndrome / error locator polynomial / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 214, IT2015-35, pp. 7-12, 2015年9月.
資料番号 IT2015-35 
発行日 2015-08-28 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-35

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2015-09-04 - 2015-09-04 
開催地(和) 白山菖蒲亭 
開催地(英) Hakusan Shobutei 
テーマ(和) 誤り訂正符号,一般(「誤り訂正符号のワークショップ」と併催) 
テーマ(英) error correcting codes, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2015-09-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シンボルペア通信路における代数的符号の復号問題について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Decoding Problem of Algebraic Codes over Symbol-Pair Read Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シンボルペア通信路 / symbol-pair read channel  
キーワード(2)(和/英) ペア誤り訂正 / pair error correcting  
キーワード(3)(和/英) BCH符号 / BCH code  
キーワード(4)(和/英) シンドローム / syndrome  
キーワード(5)(和/英) 誤り位置多項式 / error locator polynomial  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧田 愼 / Makoto Takita / タキタ マコト
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣友 雅徳 / Masanori Hirotomo / ヒロトモ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-04 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2015-35 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.214 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2015-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会