お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-04 14:05
多変数公開鍵暗号方式(MPKC)の多素数・中国人剰余定理による構成 ~ 耐量子コンピュータ・ウェアラブル化を目指して ~
辻井重男藤田 亮五太子政史中大ISEC2015-30
抄録 (和) 多変数公開鍵暗号方式は,1980 年代,松本・今井,辻井等によって研究が開始され,1994 年,RSA 暗号も楕円エルガマル暗号も,量子コンピュータの実用化には耐えらないことが示されるに及んで,国際的関心を集めるようになったが,安全性に対する信頼感と実用性を備えた方式は,未だに提案されていない.筆者等は,先に,当分の間,量子コンピュータは実用化されないという前提の下に,素因数分解の困難性に依拠する MPKC を提案した.本論文では,素因数分解の困難性に依拠せず,多数の素数に対する総当たりの困難性に依拠し,ランダム 2 次フルランク多項式と等価な安全性を有すると考えられる耐量子 MPKC を提案する. 
(英) The studies of Multivariate Public Key Cryptosystem (MPKC) have been originated in Matsumoto-Imai cryptosystem and Tsujii triangular system in 1980s. Since the vulnerability of RSA and also Elliptic Curve Cryptosystem against quantum computers was shown in 1994, although a lot of studies in the eld of MPKC have been made extensively, it seems that reliable and practical MPKC has not been proposed yet. Considering this situation, authors have previously proposed MPKC relying on the difficulty of factoring large integers, which is not quantum proof. In this paper a quantum proof MPKC is proposed based on the difficulty of exhaustive search for combinations of numerous prime numbers and has security equivalent to random full rank quadratic polynomials.
キーワード (和) 多変数公開鍵暗号 / MPKC / 耐量子コンピュータ / 多素数 / 中国人剰余定理 / / /  
(英) MPKC / Quantum Proof / Prime Numbers / Chinese Remainder Theorem / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 215, ISEC2015-30, pp. 35-41, 2015年9月.
資料番号 ISEC2015-30 
発行日 2015-08-28 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2015-30

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2015-09-04 - 2015-09-04 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2015-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多変数公開鍵暗号方式(MPKC)の多素数・中国人剰余定理による構成 
サブタイトル(和) 耐量子コンピュータ・ウェアラブル化を目指して 
タイトル(英) Proposal of Multivariate Public Key Cryptosystem based on numerous prime numbers and Chinese Remainder Theorem 
サブタイトル(英) For quantum proof MPKC 
キーワード(1)(和/英) 多変数公開鍵暗号 / MPKC  
キーワード(2)(和/英) MPKC / Quantum Proof  
キーワード(3)(和/英) 耐量子コンピュータ / Prime Numbers  
キーワード(4)(和/英) 多素数 / Chinese Remainder Theorem  
キーワード(5)(和/英) 中国人剰余定理 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻井 重男 / Shigeo Tsujii / ツジイ シゲオ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 亮 / Ryo Fujita / フジタ リョウ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五太子 政史 / Masahito Gotaishi / ゴタイシ マサヒト
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-04 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2015-30 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.35-41 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2015-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会