お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-04 11:20
ハッシュ関数のGPUへの高速化実装
グェン ダット トゥオン岩井啓輔田中秀磨黒川恭一防衛大ISEC2015-27
抄録 (和) 個人情報や秘匿性の高い情報を保護するためには,暗号化技術やハッシュ関数が欠かせない.そこで,ハッシュ関数の高速処理が求められるが,複雑な条件分岐が無く,大きなテーブルも必要とせず,単純な計算処理等の特徴を持つハッシュ関数はGPGPUによる実行が適している.本稿ではハッシュ関数MD5及びSHA-1に対し,CUDAを用いたGPUへの高速化実装を行った.そして,GPUの処理時間の測定結果からハッシュ値の安全性について検討した.Tesla K20Xmを用いてMD5を実行した結果,Xeon E5-2610より最大約59.9倍の速度で処理することが確認できた. 
(英) In order to protect the personal information and high confidential information, encryption technology and hash function are essential technologies. Hash function is suitable for speed up with GPGPU becouse of without complicated conditional branch, no large table and simple calculation processing. This paper presents a speed up implementation of the hash functions MD5 and SHA-1 with GPU using CUDA. Implementation results were examined about the safety of the hash value from the result of the GPU processing time. As a result, processing time of MD5 with Tesla K20Xm is up to 59.9 times faster than the Xeon E5-2610.
キーワード (和) MD5 / SHA-1 / ハッシュ関数 / GPU / CUDA / / /  
(英) MD5 / SHA-1 / hash function / GPU / CUDA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 215, ISEC2015-27, pp. 15-19, 2015年9月.
資料番号 ISEC2015-27 
発行日 2015-08-28 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2015-27

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2015-09-04 - 2015-09-04 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2015-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハッシュ関数のGPUへの高速化実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High speed implementation of Hash function on GPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MD5 / MD5  
キーワード(2)(和/英) SHA-1 / SHA-1  
キーワード(3)(和/英) ハッシュ関数 / hash function  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) CUDA / CUDA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) グェン ダット トゥオン / Nguyen Dat Thuong / グェン ダット トゥオン
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 啓輔 / Keisuke Iwai / イワイ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 秀磨 / Hidema Tanaka / タナカ ヒデマ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 恭一 / Takakazu Kurokawa / クロカワ タカカズ
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-04 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2015-27 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.15-19 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2015-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会