電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-03 10:30
ミリ波無線ネットワークの経路切り替えに向けた降雨の統計的性質の解析
平野拓一広川二郎安藤 真東工大)・流田理一郎山口 明KDDI研)・永堀 仁谷口 徹日本無線エレソ技報アーカイブへのリンク:EST2015-54
抄録 (和) 本報告では、将来の径路切り替えによる回線断率の低減のための基礎検討として、降雨の統計的性質について調べた。降雨イベント数、雨の時間率、また強い降雨の継続時間などの2010年から2014年の東工大ミリ波モデルネットワークに設置した雨量計の統計データを調べた。降雨強度100mm/h以上の豪雨の継続時間の最小、最大、平均はそれぞれ20秒、335秒、71秒であった。最長径路1kmの範囲においても、降雨強度の局所性が見られ、強い雨のときに他の拠点ではそれよりも40 %~70 %小さな降雨強度になっていることがわかった。受信強度がほぼ同じ(-68dBm)となる2経路について最大降雨強度が100mm/h程度以上で、回線断が生じるイベントについて調べた。どちらかの回線が回線断の時間において、いずれかの回線は断になっていない時間は最小、最大、平均それぞれ100%, 9%, 65%であった。 
(英) Statistic properties of rainfall in Tokyo are presented in this report. Average rain duration as a function of rain rate is analyzed for future route switching technique to increase network availability. In case of strong rain (>100 mm/h), minimum, maximum and average durations were 20 sec., 335 sec. and 71 sec., respectively. It was found that even in the campus within 1 km, rain rate is different at each site and rain rate becomes 40 %-70 % at another site in case of strong rain. Maximum, minimum and average of non-simultaneous link down ratios become 100 %, 9 % and 65 %, respectively, for two links of 600 m with the same receive level -68 dBm.
キーワード (和) 降雨 / 降雨強度 / 継続時間 / 統計 / ミリ波 / 伝搬 / 降雨減衰 /  
(英) Rainfall / Rain rate / Duration / Statistic / Millimeter-wave / Propagation / Rain attenuation /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 213, EST2015-54, pp. 7-11, 2015年9月.
資料番号 EST2015-54 
発行日 2015-08-27 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2015-09-03 - 2015-09-04 
開催地(和) 石垣島 大濱信泉記念館 
開催地(英) Oohama-Nobumoto-Kinenkan, Ishigaki Island, Okinawa, Japan 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2015-09-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波無線ネットワークの経路切り替えに向けた降雨の統計的性質の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistical Analysis of Rain Toward Route Switching of Millimeter-Wave Wireless Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 降雨 / Rainfall  
キーワード(2)(和/英) 降雨強度 / Rain rate  
キーワード(3)(和/英) 継続時間 / Duration  
キーワード(4)(和/英) 統計 / Statistic  
キーワード(5)(和/英) ミリ波 / Millimeter-wave  
キーワード(6)(和/英) 伝搬 / Propagation  
キーワード(7)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 拓一 / Takuichi Hirano / ヒラノ タクイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 広川 二郎 / Jiro Hirokawa / ヒロカワ ジロウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 真 / Makoto Ando / ナガレダ リイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 流田 理一郎 / Riichiro Nagareda / ヤマグチ アキラ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 明 / Akira Yamaguchi / ナガホリ ヒトシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 永堀 仁 / Hitoshi Nagahori / タニグチ トオル
第6著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co., Ltd. (略称: JRC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 徹 / Toru Taniguchi /
第7著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co., Ltd. (略称: JRC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-03 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2015-54 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.213 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EST-2015-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会