電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-02 14:00
無線バックホールにおけるラウンドロビン型周期的間欠送信を用いた効率的マルチチャネル中継法の検討
丸田一輝古川 浩九大CQ2015-67
抄録 (和) 著者等は無線バックホールにおいて高い中継伝送効率を実現するパケット中継法として周期的間欠送信法(IPT)を提案している.本稿ではIPTを面的ノード配置にて適用可能なラウンドロビン型周期的間欠送信(RR-IPT)を用いたマルチチャネル中継法を検討する.一方のチャネルにてRR-IPTによりダウンリンクのトラフィックを効率よく中継し,他方のチャネルにおいてアップリンクおよび一部のダウンリンクのトラフィックを収容する.このとき,双方向トラフィックの収容法としてIPTとCSMA/CAをそれぞれ用いた場合の特性評価を行い,パケットロスの観点からは前者が,システムスループット及びパケット遅延の観点からは後者が有効であることを示す. 
(英) Round-Robin Intermittent Periodic Transmit (RR-IPT) has been proposed which achieves highly efficient multihop relays in wireless backhaul systems (WBS) where relay nodes are 2-dimensionally deployed. This paper evaluates multi-channel packet forwarding scheme for RR-IPT. Downlink traffic is forwarded by RR-IPT via one of the channels, while uplink traffic and part of downlink one are accommodated in the other channel. By comparing IPT and CSMA/CA for uplink/downlink packet forwarding, IPT is more effective in reducing packet loss whereas CSMA/CA is better in terms of system throughput and packet delay.
キーワード (和) 無線バックホール / マルチホップ / 周期的間欠送信 / ラウンドロビン / マルチチャネル / / /  
(英) Wireless backhaul / Multihop / Intermittent periodic transmit / Round-robin / Multi-channel / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 206, CQ2015-67, pp. 161-166, 2015年9月.
資料番号 CQ2015-67 
発行日 2015-08-25 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-67

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2015-09-01 - 2015-09-02 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 5G無線アクセスおよびネットワーク, IoT/センサネットワーク,アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,その他の無線伝送,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線バックホールにおけるラウンドロビン型周期的間欠送信を用いた効率的マルチチャネル中継法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Multi-Channel Packet Forwarding with Round-Robin Intermittent Periodic Transmit for Wireless Backhaul Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線バックホール / Wireless backhaul  
キーワード(2)(和/英) マルチホップ / Multihop  
キーワード(3)(和/英) 周期的間欠送信 / Intermittent periodic transmit  
キーワード(4)(和/英) ラウンドロビン / Round-robin  
キーワード(5)(和/英) マルチチャネル / Multi-channel  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-02 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-67 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2015-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会