電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-02 16:20
端末密度と端末距離に基づくOpportunistic Routing
山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・三好 匠芝浦工大)・朝香卓也首都大東京)・田中良明早大CQ2015-73
抄録 (和) アドホックネットワークにおいて頻発する通信環境の変化やトポロジーの変化といった問題に対し,転送端末を日和見的に選択するOR(Opportunistic routing)が提案されている.ORでは,各端末が自律的に転送判断を行うことから,転送待機時間による転送効率の低下や低端末密度下におけるパケット伝送成功率の低下が発生する.低端末密度下におけるパケット伝送成功率を改善するため,OR向けの再送制御が検討されているが,高端末密度下では逆に再送制御が通信負荷を増加させ,電波干渉などを引き起こす要因となるため,パケット伝送成功率が低下する.本稿では,パケットの送信端末と受信端末が保持するあて先端末までのホップ数に基づく待機時間算出や端末密度の変化に適応した再送制御を実現するORを提案している. 
(英) In ad hoc networks, OR (opportunistic routing) that opportunistically selects forwarders based on random backoff time has been proposed. In the conventional protocols, the forwarder selection strongly depends on the backoff time randomization. It causes unnecessary packet forwarding and degrades the transmission efficiency. This paper proposes a more efficient forwarder selection method using the ratio of bypass or shortcut links, which realizes the forwarder prioritization based on a distance to the destination. In addition, each forwarder restricts the retransmission control, if there exists more neighbours than the threshold, to suppress the degradation of transmission efficiency under dense environment.
キーワード (和) アドホックネットワーク / Opportunistic routing / 優先転送端末 / 端末再送制御 / / / /  
(英) Ad hoc network / Opportunistic routing / Prioritized forwarder / Retransmission control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 206, CQ2015-73, pp. 195-200, 2015年9月.
資料番号 CQ2015-73 
発行日 2015-08-25 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-73

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2015-09-01 - 2015-09-02 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 5G無線アクセスおよびネットワーク, IoT/センサネットワーク,アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,その他の無線伝送,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 端末密度と端末距離に基づくOpportunistic Routing 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Opportunistic Routing Based on Terminal Density and Terminal Distance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) Opportunistic routing / Opportunistic routing  
キーワード(3)(和/英) 優先転送端末 / Prioritized forwarder  
キーワード(4)(和/英) 端末再送制御 / Retransmission control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝香 卓也 / Takuya Asaka / アサカ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-02 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-73 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.195-200 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2015-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会