電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-02 14:50
双方向FPUにおけるHARQ再送がスループットおよび伝送遅延に与える影響の評価
鵜澤史貴小山智史熊谷 崇光山和彦NHK)・青木勝典NHKエンジニアリングシステム)・居相直彦NHKCQ2015-69
抄録 (和) 筆者らは放送分野における映像素材のファイルベース化に対応するため,無線によるファイル形式の映像素材伝送に対応した双方向FPU(Field Pick-up Unit)の開発を進めている.開発装置に実装したHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)はファイル伝送の信頼性向上に有効であるが,適応変調と組み合わせる際は,得られた受信品質に対する適応変調の切替しきい値設定を新たに検討する必要があった.本報告では,受信に成功したHARQ再送単位の量からMACスループットを定義し,得られた受信品質に対するMACスループットが最大になる変調方式を選択するように適応変調の切替しきい値を設定する方式を提案する.TCPスループットおよびIPパケット遅延に与える影響を評価した結果,適応変調とHARQを組み合わせる際は提案方式を用いることで得られた受信品質に対するTCPスループットが最大となり,IPパケット遅延の増加を防ぐことがわかった. 
(英) File-based video system has become widespread in the television-program production field. The authors are developing a bidirectional digital FPU (Field Pick-up Unit) system suitable for wireless video file transmission and have developed the HARQ (Hybrid Automatic Repeat reQuest) function which enables high-reliable file transmission. It is necessary to determine the new link adaptation thresholds for the reception quality in the system combining link adaptation and HARQ. In this report, we estimate the MAC throughput defined by the amount of successfully transmitted HARQ units and propose the link adaptation thresholds setting method according to the reception quality with the maximum MAC throughput in each modulation level. From the result of the TCP throughput and IP packet transfer delay evaluation for the system combining link adaptation and HARQ, it is confirmed that determining the link adaptation thresholds with our setting method achieves the maximum TCP throughput and prevents IP packet transfer delay increasing.
キーワード (和) 双方向FPU / HARQ / 伝送遅延 / 適応変調 / TCP/IP / スループット / /  
(英) Bidirectional Digital FPU / HARQ / Transmission Delay / Link Adaptation / TCP/IP / Throughput / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 206, CQ2015-69, pp. 173-178, 2015年9月.
資料番号 CQ2015-69 
発行日 2015-08-25 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-69

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2015-09-01 - 2015-09-02 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 5G無線アクセスおよびネットワーク, IoT/センサネットワーク,アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,その他の無線伝送,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双方向FPUにおけるHARQ再送がスループットおよび伝送遅延に与える影響の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Influence on Throughput and Transmission Delay by HARQ Retransmission for Bidirectional Digital FPU System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向FPU / Bidirectional Digital FPU  
キーワード(2)(和/英) HARQ / HARQ  
キーワード(3)(和/英) 伝送遅延 / Transmission Delay  
キーワード(4)(和/英) 適応変調 / Link Adaptation  
キーワード(5)(和/英) TCP/IP / TCP/IP  
キーワード(6)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 智史 / Tomofumi Koyama / コヤマ トモフミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 崇 / Takashi Kumagai / クマガイ タカシ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 勝典 / Katsunori Aoki / アオキ カツノリ
第5著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NHK-ES)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-02 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-69 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2015-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会