お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-02 13:20
IEEE802.11n無線LANのダウンロードデータ転送におけるパフォーマンスアノマリーに関する実験的考察
橋本善季野元祐孝策力木格大坐畠 智加藤聰彦電通大CQ2015-65
抄録 (和) IEEE802.11無線LANでは,複数端末が同時に通信する場合,低いデータレートで通信する端末が存在すると全端末のスループットが低下するパフォーマンスアノマリーが発生する.802.11n規格に関しては,端末からのアップロードのTCPデータ通信において,フレーム集約機能がパフォーマンスアノマリーに関係することが報告されている.これに対して我々は,802.11n準拠の無線LANにおいて,アクセスポイントから端末へのダウンロードのUDPおよびTCPのデータ転送に対して,パフォーマンスアノマリーの性能評価実験を行った.この実験では,フレーム集約機能,アクセスポイントのキュー管理手法,UDPの発生トラヒック量やTCPの輻輳ウィンドウサイズなどに着目し評価を進めた.本稿ではその結果について示す. 
(英) It is reported that, even in IEEE 802.11n WLAN, the performance anomaly occurs which reduces the throughput of all stations when there are some stations communicating with low data rate. A previous paper reported that the frame aggregation is closely related with the performance anomaly in 802.11n for the uploading TCP data transfer. In this paper, we report the results of experiments on the performance anomaly at downloading UDP and TCP data transfer over 802.11n WLAN. The experiments carefully take account of the relationship of the frame aggregation, the queue management at the access point, UDP traffic generation rate, and TCP congestion window size with the performance anomaly.
キーワード (和) 無線LAN / IEEE 802.11n / パフォーマンスアノマリー / キュー管理 / / / /  
(英) Wireless LAN / IEEE 802.11n / Performance Anomaly / Queue Management / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 206, CQ2015-65, pp. 149-154, 2015年9月.
資料番号 CQ2015-65 
発行日 2015-08-25 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-65

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2015-09-01 - 2015-09-02 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 5G無線アクセスおよびネットワーク, IoT/センサネットワーク,アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,その他の無線伝送,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11n無線LANのダウンロードデータ転送におけるパフォーマンスアノマリーに関する実験的考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental analysis on performance anomaly at download data transfer in IEEE802.11n wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11n / IEEE 802.11n  
キーワード(3)(和/英) パフォーマンスアノマリー / Performance Anomaly  
キーワード(4)(和/英) キュー管理 / Queue Management  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 善季 / Yoshiki Hashimoto / ハシモト ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野元 祐孝 / Masataka Nomoto / ノモト マサタカ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 策力 木格 / Celimuge Wu / チリ ムゲ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 聰彦 / Toshihiko Kato / カトウ トシヒコ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-02 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-65 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2015-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会