お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-01 11:40
インサービスライブマイグレーション仮想エッジ方式の提案
三澤 明望月このみ土屋英雄中川雅弘服部恭太片山 勝可児淳一NTTPN2015-22
抄録 (和) 近年,サーバ仮想化技術の急速な発展から,NFVやSDNのように,NW転送部に仮想化を取り入れる技術が議論されている.NWエッジは,他網との転送情報を交換し,サービスを提供し,公平性やセキュリティ,輻輳からNWを守るための様々な機能を持っており,エッジ機能を仮想化し,ユーザやサービス環境の変化に合わせた資源利用効率の高める構成を提案してきた.本稿では,エッジ仮想化でのライブマイグレーションを行うための波長資源を有効に利用した光ネットワークの構成を提案し,エッジ仮想化に起因したトラヒックフローの変化に追随し,ライブマイグレーションに対応する高速に波長チャネルを切替するADM構成を提案する. 
(英) Recently, network virtualization in terms of network function virtualization has been gaining attention due to emerging virtualization technology of cloud servers. We propose a virtual edge architecture with a wavelength channel add/drop multiplexer (ADM) configuration to use network resources efficiently. In this ADM configuration, wavelength channels and fiber ports can be selected for live migration of virtual network function.
キーワード (和) NW仮想化 / 仮想エッジ / PON / NFV / WDM / ADM / /  
(英) NW Virtualization / Virtual edge / PON / NFV / WDM / ADM / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 204, PN2015-22, pp. 69-74, 2015年8月.
資料番号 PN2015-22 
発行日 2015-08-24 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2015-22

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2015-08-31 - 2015-09-01 
開催地(和) 旭岳万世閣ホテルベアモンテ 
開催地(英) Asahidake Manseikaku Hotel Bearmonte 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2015-08-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インサービスライブマイグレーション仮想エッジ方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal on Virtual Edge Architecture for In-Service Live Migration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NW仮想化 / NW Virtualization  
キーワード(2)(和/英) 仮想エッジ / Virtual edge  
キーワード(3)(和/英) PON / PON  
キーワード(4)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(5)(和/英) WDM / WDM  
キーワード(6)(和/英) ADM / ADM  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三澤 明 / Akira Misawa / ミサワ アキラ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 このみ / Konomi Mochizuki / モチヅキ コノミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 英雄 / Hideo Tsuchiya / ツチヤ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 恭太 / Kyota Hattori / ハットリ キョウタ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 勝 / Masaru Katayama / カタヤマ マサル
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 可児 淳一 / Jun-ichi Kani / カニ ジュンイチ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-01 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-22 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2015-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会