電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-01 14:30
系列二分決定グラフを用いた全頂点対ウォークの列挙と索引化
青木洋士安田宜仁湊 真一北大COMP2015-21
抄録 (和) 本稿では,グラフ中の任意の2点間のウォークの列挙・索引化を行う.頂点の重複を許さないパスの列挙・索引化はZDDを用いることで効率よく実現できることが知らている.この手法では,ZDDは重複を考慮しない辺の組合せとしてパスの集合を表現することで,パス集合を自然に表現することができる.一方,頂点の重複を許したウォークの集合は,ZDDで表現することが困難である.そこで,組合せ集合を表現するZDDを系列集合を表現できるように拡張したSeqBDDを用いて,ウォークの集合を表現する.また,任意の頂点対のウォークの数は隣接行列の乗算により求めることができることが知られている.本稿では,隣接行列の非ゼロの要素をSeqBDDとした行列 (SeqBDD行列)を導入する.SeqBDD行列の乗算を通して任意の頂点対のウォークをSeqBDDとして列挙・索引化する手法を提案する.さらに,構築したSeqBDDに対してのSeqBDDの絞り込み演算や数え上げ演算の手法を実験結果とともに示す. 
(英) This paper presents a method for enumerating and indexing all the walks between any two points in a given graph.
It is known that paths, which contain each vertex at most one time, can be enumerated and indexed with a Zero-Suppressed Binary Decision Diagram (ZDD) based methods.
Since a ZDD efficiently handles a family of sets, the methods naturally represents a set of paths by regarding each path as a set of edges.
However, ZDDs are hard to represent walks, which may contain same vertices more than one time. We consider representing walks by SeqBDD, which is a data structure that compactly represents a set of sequences. It is also well known that the numbers of walks between any two vertices can be calculated by a series of multiplication of an adjacent matrix. We propose an extension of an adjacent matrix called SeqBDD matrix. Instead of usual numbers, non-zero elements in a SeqBDD matrix are filled with SeqBDDs. We specify that multiplication of the SeqBDD matrix can enumerate walks and index them as SeqBDDs. We also present some operations such as narrowing down the resulting SeqBDDs and counting with some experimental results.
キーワード (和) 系列二分決定グラフ / ウォーク / / / / / /  
(英) SeqBDD / Walk / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 205, COMP2015-21, pp. 35-39, 2015年9月.
資料番号 COMP2015-21 
発行日 2015-08-25 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2015-21

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2015-09-01 - 2015-09-01 
開催地(和) 信州大学 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2015-09-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 系列二分決定グラフを用いた全頂点対ウォークの列挙と索引化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enumerating and Indexing Walks Between Any Pair of Vertices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 系列二分決定グラフ / SeqBDD  
キーワード(2)(和/英) ウォーク / Walk  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 洋士 / Hiroshi Aoki / アオキ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 宜仁 / Norihito Yasuda / ヤスダ ノリヒト
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 湊 真一 / Shin-ichi Minato /
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-01 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2015-21 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-COMP-2015-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会