お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-01 10:15
Grouped Routing仮想光リンクを導入した大規模光パスネットワークの動的コントロール
伊東優作森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大PN2015-19
抄録 (和) 指数関数的な通信トラフィック増に対応する上でフォトニックネットワークの適応領域の拡大が必須である.このトランスペアレント伝送領域の拡大は,光パスの通過ノード数増大を意味し,ノードに装備される波長選択スイッチが与える帯域狭窄化が課題となる.帯域狭窄化の低減には光パス間のガードバンドを広げることが有効であるが、光ファイバ中に収容可能な光パス数が減じてしまうトレードオフが存在する。本稿では,Grouped Routingを利用した複数のパスを収容可能な仮想光リンクを離れたノード間に適宜設立するネットワークを提案する.仮想光リンクの帯域の両側には十分なガードバンドを配置するが,これ以外の光パス間には最少のガードバンドを割り当て,光ファイバ中の収容可能な光パス数を向上させる.数値実験の結果,提案手法を用いることで従来型の一階層光パスネットワークと比較して必要ファイバ数を最大23%削減出来ることを実証している. 
(英) The continuous traffic growth drives the wide deployment of photonic networks. This growth necessitates not only extending the transparent transmissible areas but also enhancing fiber capacity. However, spectrum narrowing caused by traversing many ROADM nodes can deteriorate signal quality. To resolve this broad guard bands are needed. In this paper, we propose a novel optical network architecture that uses grouped routing optical virtual links, each of which can carry several optical paths, directly bridging distant node pairs. A virtual link is created using grouped routing at intermediate nodes, and hence broader bandwidth optical filter covering the grouped wavelength paths can be utilized and the spectrum narrowing of each channel is minimized. This routing scheme enables us to limit the number of hops for a path and to reduce guard band bandwidth. Numerical experiments demonstrate that the number of fibers is reduced by 23% compared with conventional optical path networks.
キーワード (和) 光パスネットワーク / ネットワーク設計 / 仮想光リンク / Grouped Routing / 帯域狭窄化 / / /  
(英) Optical path network / Network design / Virtual Links / Grouped Routing / Filter narrowing effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 204, PN2015-19, pp. 49-53, 2015年8月.
資料番号 PN2015-19 
発行日 2015-08-24 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2015-19

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2015-08-31 - 2015-09-01 
開催地(和) 旭岳万世閣ホテルベアモンテ 
開催地(英) Asahidake Manseikaku Hotel Bearmonte 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2015-08-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Grouped Routing仮想光リンクを導入した大規模光パスネットワークの動的コントロール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Control of Large Scale Optical Path Networks Utilizing Grouped Routing Optical Virtual Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光パスネットワーク / Optical path network  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク設計 / Network design  
キーワード(3)(和/英) 仮想光リンク / Virtual Links  
キーワード(4)(和/英) Grouped Routing / Grouped Routing  
キーワード(5)(和/英) 帯域狭窄化 / Filter narrowing effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 優作 / Yusaku Ito / イトウ ユウサク
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 洋二郎 / Yojiro Mori / モリ ヨウジロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-01 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-19 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2015-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会