お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-01 11:00
地理的依存性のある無線伝搬路に対するグラフフーリエ変換を用いたネットワークトモグラフィ
森田達也松田崇弘滝根哲哉阪大CQ2015-45
抄録 (和) ネットワークトモグラフィは,エンド-エンド間の観測結果からネットワーク内部の状態を推定する技術である.本稿では,地理的依存性のある無線伝搬路上に構築された無線マルチホップネットワークにおいて,各ノードのパケットロス率を推定するためのグラフフーリエ変換を用いたネットワークトモグラフィを提案する.グラフフーリエ変換は,グラフの隣接行列より得られるラプラシアン行列の固有ベクトルを用いて定義され,各ノードにおける通信品質の空間的変動をスペクトル領域で表現することができる.各ノードのパケットロス率を要素とするベクトルをノード状態ベクトルとすると,地理的依存性のある無線伝搬路上では,グラフフーリエ変換されたノード状態ベクトルをスパースベクトルを用いて近似的に表現できる.そこで提案方式では,グラフフーリエ変換されたノード状態ベクトルに対して圧縮センシングを適用することにより,ノードのパケットロス率を推定する.シミュレーション実験により性能評価を行い,提案手法の有効性を確認する. 
(英) Network tomography is an inference technique for internal network characteristics from end-to-end measurements. In this article, we consider network tomography for estimating packet loss rates in a wireless multihop network over a location-dependent wireless channel, and propose a new network tomography scheme based on graph Fourier transform, which is de ned by eigenvectors of the graph Laplacian matrix. In the location-dependent wireless channel, a node state vector, representing packet loss rates of nodes, can be approximated to a sparse vector in the graph Fourier transform domain. The proposed scheme estimates the graph Fourier transformed node state vector with compressed sensing. We evaluate the performance of the proposed scheme with simulation experiments.
キーワード (和) ネットワークトモグラフィ / グラフフーリエ変換 / 圧縮センシング / グラフラプラシアン行列 / / / /  
(英) network tomography / graph Fourier transform / compressed sensing / graph Laplacian matrix / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 206, CQ2015-45, pp. 31-36, 2015年9月.
資料番号 CQ2015-45 
発行日 2015-08-25 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2015-45

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2015-09-01 - 2015-09-02 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 5G無線アクセスおよびネットワーク, IoT/センサネットワーク,アドホックネットワーク,モバイルアプリケーションとサービス,その他の無線伝送,およびこれらの品質と省電力化,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2015-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地理的依存性のある無線伝搬路に対するグラフフーリエ変換を用いたネットワークトモグラフィ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Graph Fourier Transform-Based Network Tomography for Location Dependent Wireless Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークトモグラフィ / network tomography  
キーワード(2)(和/英) グラフフーリエ変換 / graph Fourier transform  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(4)(和/英) グラフラプラシアン行列 / graph Laplacian matrix  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 達也 / Tatsuya Morita / モリタ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-01 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2015-45 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2015-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会