電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-31 12:40
L帯EDFAにおける利得変動抑制法の検討
白岩雅輝NICT)・Ray ManAmonics)・Benjamin J. Pattnum淡路祥成和田尚也NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 通信容量の拡大要求により,L帯での動的な光信号の波長切り替えやパケット信号による増幅信号の利得変動を抑制することができる光増幅器が必要となる.これまで報告のなかった,L帯の光信号を増幅する固有飽和パワー(PIS)を拡大したEDFAを試作し,C帯光信号同様にL帯でのパケット信号伝送や光スイッチングによる大きな信号パワー変動においても増幅信号のレベル変動を抑制し、安定した光伝送が可能であることを実証する. 
(英) We have been studying and developing a transient-suppressed (TS) EDFA that is able to amplify burst optical signals without significant transients for C-band operation as elemental technologies of the optical packet and circuit integrated networks. The TS-EDFA for C-band that specifically designed with enhanced intrinsic saturation power (PIS) to suppress gain transient. Using the analogous technique, we developed the L-band TS-EDFA for amplifying the optical signals that suppressed the gain fluctuation. In this paper, we demonstrate the optical transmission with L-band specified TS-EDFA. Experimental results prove the effectiveness of this TS-EDFA in terms of the quality of TS transmission for the first time.
キーワード (和) L帯 / 利得変動抑制 / EDFA / / / / /  
(英) L-band / suppress gain transient / EDFA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 204, PN2015-11, pp. 7-11, 2015年8月.
資料番号 PN2015-11 
発行日 2015-08-24 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2015-08-31 - 2015-09-01 
開催地(和) 旭岳万世閣ホテルベアモンテ 
開催地(英) Asahidake Manseikaku Hotel Bearmonte 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2015-08-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) L帯EDFAにおける利得変動抑制法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The First Demonstration of a Transient Suppressed L-band EDFA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) L帯 / L-band  
キーワード(2)(和/英) 利得変動抑制 / suppress gain transient  
キーワード(3)(和/英) EDFA / EDFA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白岩 雅輝 / Masaki Shiraiwa / シライワ マサキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Ray Man / Ray Man / レイ マン
第2著者 所属(和/英) Amonics (略称: Amonics)
Amonics (略称: Amonics)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Benjamin J. Pattnum / Benjamin J. Pattnum / ベンジャミン パットナム
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡路 祥成 / Yoshinari Awaji / アワジ ヨシナリ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-31 12:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-11 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2015-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会