お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-28 15:50
分岐光線路における損失変動検出方法に関する研究(5)
遠藤隆昭長瀬 亮千葉工大R2015-48 EMD2015-56 CPM2015-72 OPE2015-87 LQE2015-56 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2015-56 CPM2015-72 OPE2015-87 LQE2015-56
抄録 (和) 分岐光線路における損失変動から損失の発生した位置,経路,損失量を推定する手法を提案する.分岐した先のファイバ長さに差をつけ,OTDRによって得られた反射応答を損失の発生前後で差分を取る損失変動を用いる.本報告では可変減衰器の接続時に生じる初期損失と可変減衰器による損失を計算によって求め,対称2分岐における損失変動の発生を明らかにすることができた. 
(英) We propose that the method is the surveying of loss variation. The loss variation is shown on the location and the root, the quantity of the loss. The method have to change length of each fibers. Occurred the loss before and after, we tried to subtract the one. Using OTDR, we measuring the loss variation. This report calculated the loss by insertion loss at variation of attenuation and by controlled loss at variation of attenuation. We clearly detected the occurring of the loss variation on symmetry 2 branched fiber.
キーワード (和) OTDR / 分岐光線路 / 光ファイバ / 損失変動 / / / /  
(英) OTDR / branched optical fiber / optical fiber / loss variation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 195, EMD2015-56, pp. 125-128, 2015年8月.
資料番号 EMD2015-56 
発行日 2015-08-20 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2015-48 EMD2015-56 CPM2015-72 OPE2015-87 LQE2015-56 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2015-56 CPM2015-72 OPE2015-87 LQE2015-56

研究会情報
研究会 CPM OPE LQE R EMD  
開催期間 2015-08-27 - 2015-08-28 
開催地(和) 青森県観光物産館アスパム 
開催地(英) Aomori-Bussankan-Asupamu 
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装技術・信頼性、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2015-08-CPM-OPE-LQE-R-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分岐光線路における損失変動検出方法に関する研究(5) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on loss variation measurement of branched fibers (5) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OTDR / OTDR  
キーワード(2)(和/英) 分岐光線路 / branched optical fiber  
キーワード(3)(和/英) 光ファイバ / optical fiber  
キーワード(4)(和/英) 損失変動 / loss variation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 隆昭 / Takaaki Endo / エンドウ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 亮 / Ryo Nagase / ナガセ リョウ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-28 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2015-48,IEICE-EMD2015-56,IEICE-CPM2015-72,IEICE-OPE2015-87,IEICE-LQE2015-56 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.194(R), no.195(EMD), no.196(CPM), no.197(OPE), no.198(LQE) 
ページ範囲 pp.125-128 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-R-2015-08-20,IEICE-EMD-2015-08-20,IEICE-CPM-2015-08-20,IEICE-OPE-2015-08-20,IEICE-LQE-2015-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会