お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-24 15:50
Android端末におけるタッチ操作に基づく個人識別 ~ 被験者数や特徴数の影響 ~
渡邊裕司名古屋市大BioX2015-16
抄録 (和) 我々の先行研究では,自作のAndroidアプリを用いて基本操作・文章閲覧・Webブラウジング時のタッチ操作履歴を記録した被験者20名に対して個人認証を行った.6種類の操作に対して距離と速度と角度の基本的な特徴に分類アルゴリズムを適用して認証した結果,ピンチアウト操作では他人受入率0.58%と本人拒否率4.65%を達成したものの,他の操作では本人拒否が多発した.原因の一つとして,操作特徴が少なすぎたことが挙げられる.また,関連研究と比べて被験者数20名はやや少ない.そこで本研究では,まず被験者を40名に増やした場合に識別率が悪化する結果を報告する.そして,特徴数を増やすことで精度が大きく向上することを確認する. 
(英) To authenticate using behavior-based features of touch operation on smartphone, we have previously performed experiments for 20 subjects using an application developed on Android devices to get fingers history of touch operation. The history was divided into 6 gestures of swipe and pinch, and the basic 3 features were extracted for each gesture. The results showed that there were high false rejection rates except pinch-out operation. In this study, we carry out user identification increasing the number of subjects and adding features of touch operation. From the results, although the correctly classified rate deteriorates for 40 subjects, the rate is dramatically improved using 8 features.
キーワード (和) 識別 / タッチ操作 / Android端末 / 行動的特徴 / バイオメトリクス / / /  
(英) Identification / Touch Operation / Android Device / Behavior-based Feature / Biometrics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 188, BioX2015-16, pp. 15-20, 2015年8月.
資料番号 BioX2015-16 
発行日 2015-08-17 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2015-16

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2015-08-24 - 2015-08-25 
開催地(和) 小樽港マリーナ 
開催地(英) Otaru Port Marina 
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2015-08-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Android端末におけるタッチ操作に基づく個人識別 
サブタイトル(和) 被験者数や特徴数の影響 
タイトル(英) User Identification Based on Touch Operation on Android Device 
サブタイトル(英) Effects of Numbers of Subjects and Features 
キーワード(1)(和/英) 識別 / Identification  
キーワード(2)(和/英) タッチ操作 / Touch Operation  
キーワード(3)(和/英) Android端末 / Android Device  
キーワード(4)(和/英) 行動的特徴 / Behavior-based Feature  
キーワード(5)(和/英) バイオメトリクス / Biometrics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 裕司 / Yuji Watanabe / ワタナベ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋市立大学 (略称: 名古屋市大)
Nagoya City University (略称: Nagoya City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-24 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2015-16 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.188 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2015-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会