電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-21 16:00
効果音ボタンを用いたブレインストーミング支援システムの基礎検討
吉田夏子福嶋政期会田大也苗村 健東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) ブレインストーミングを用いたグループワークは,ビジネスや教育の現場で広く採用されている.しかし生産性向上に向けては,以下二点の課題が存在する.一つ目は,アイデア発散の際に他人の否定的な評価を気にして発言やアイデア創出が抑圧されてしまうことであり,二つ目は,アイデア収束の際に発散時の議論(同意度)が客観的な記録として残らないことである.筆者らはこれらの課題に向け,肯定意見のみの共有で承認欲求を満たし,客観的記録として残す事例としてFacebookのイイネボタンに着想を得た.アイデア発散段階のブレインストーミングにおいて,効果音ボタンを用いて肯定意見を共有することでアイデア増加を狙うほか,収束段階において,その記録を用いることで効率化を図る.本稿ではシステムの提案および大学講義での実践結果を報告する. 
(英) Groupwork using brainstorming is one of the most important formations of cooperative work. It helps us to discuss a problem from various aspects with people who have various backgrounds and adopted to various fields such as business, research, and education. However, for improving the productivity, there are two main problems. First, evaluation apprehension in idea expansion. Second, lack of record of agreement in idea decision. In this paper, we developed concurring opinion sharing system which use a voting button with interjection sound effects inspired by Facebook-LIKE Button and reported results of a practical user study in the groupwork lecture of the university.
キーワード (和) 協調作業 / グループワーク / ブレインストーミング / 感想共有 / コミュニケーション支援 / / /  
(英) CooperativeWork / Groupwork / Brainstorming / Opinion Sharing / Communication Support / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 185, HCS2015-44, pp. 19-24, 2015年8月.
資料番号 HCS2015-44 
発行日 2015-08-14 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2015-08-21 - 2015-08-22 
開催地(和) 立命館大学朱雀キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションと関係構築および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2015-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 効果音ボタンを用いたブレインストーミング支援システムの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Brainstorming support using a voting button with interjection sound effects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調作業 / CooperativeWork  
キーワード(2)(和/英) グループワーク / Groupwork  
キーワード(3)(和/英) ブレインストーミング / Brainstorming  
キーワード(4)(和/英) 感想共有 / Opinion Sharing  
キーワード(5)(和/英) コミュニケーション支援 / Communication Support  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 夏子 / Natsuko Yoshida / ヨシダ ナツコ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 政期 / Shogo Fukushima / フクシマ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 大也 / Daiya Aida / アイダ ダイヤ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-21 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2015-44 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2015-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会