電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-20 15:05
企業間提携のマッチング適合率とそのパラメータ
山本怜奈能上慎也東京理科大
抄録 (和) 近年,世界中で合従連衡の動きが活発化しており,日本においても結びつきの強い合併,企業買収などが多く行われているが,それらに比べて結びつきの弱い協力関係である業務提携(アライアンス)という形態をとることが多くなっている.業務提携は,各企業の独立性を保つことができ,いつでも提携解消が可能である一方で,提携関係がいつまで続くかということは保障されず,不安定な一面もある.
そこで我々は提携先を決める際,いくつもある企業の中からどの企業を選べば,自社に最も利益をもたらすのかを把握する指標を作成することができればと考えた.
これまで,この業務提携(アライアンス)において各企業が考慮する目的項目に着目し,互いがどの項目を重視しているのかを表す指標を抽出することで,提携の成功/失敗とどのような関係があるのかについて明らかにするため,指標(ここでは,提携目的適合率とする)を定義し,算出した.
本稿では,文献[1]で定義した提携目的適合率について改めて見直し,算出した提携目的適合率の重み係数や他のパラメータを変化させることにより,提携目的適合率と成功/失敗との関係性はどのように変化があるのかについて検討していく. 
(英) In recent years, business alliances become active all over the world and also in Japan, we come to often take the form of the business alliance and capital alliance that is weak tie-up. We can keep independency of each company which has an autonomy and independency from the business alliance, and also can break off the business alliance anytime. On the other hand, there is no telling how long their partnership will last, and therefore that there is something unstable.
So we have focused on the purpose items for which each started for which alliance thought that we would be able to clarify what index (to express that both companies consider which items) influences success/ failure in Business Alliance. We defined the index (we called “A Fitness Rate of Alliance’s Purpose”) and evaluate [1].
In this paper we review in the former reference [1], and examine by changing the parameter of the “A Fitness Rate of Alliance’s Purpose”, the correlation between a Fitness Rate and success/ failure in business alliance.
キーワード (和) 業務提携 / 目的適合率 / マッチング / 成功と失敗 / / / /  
(英) Business Alliance / Fitness Rate of Alliance’s Purpose / Matching / Success and Failure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 183, SWIM2015-9, pp. 13-17, 2015年8月.
資料番号 SWIM2015-9 
発行日 2015-08-13 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2015-08-20 - 2015-08-20 
開催地(和) 法政大学 市谷 新一口坂校舎 
開催地(英) Interprise modeling, etc. 
テーマ(和) インタプライズのモデリング、一般 
テーマ(英) Interprise modeling, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2015-08-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 企業間提携のマッチング適合率とそのパラメータ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fitness Rate of Matching in Business Alliance and Its Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 業務提携 / Business Alliance  
キーワード(2)(和/英) 目的適合率 / Fitness Rate of Alliance’s Purpose  
キーワード(3)(和/英) マッチング / Matching  
キーワード(4)(和/英) 成功と失敗 / Success and Failure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 怜奈 / Reina Yamamoto / ヤマモト レイナ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS Graduate School)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 能上 慎也 / Shinya Nogami / ノガミ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-20 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2015-9 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SWIM-2015-08-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会