電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-18 11:20
ガードインターバル超え遅延波によって生じる地上ディジタル放送波の等価C/N劣化量に関する検討
神尾武司生岩量久藤坂尚登広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地上ディジタル放送では遅延波に強いOFDM変調方式を採用しているが,ガードインターバル(GI)を超える遅延波が到来した場合,シンボル間干渉に起因する成分(以下,雑音と呼ぶ)が着目シンボルに混入するため,電波品質は急激に劣化する.そのため,この雑音の影響を軽減するために様々なシステムが提案され,計算機シミュレーションによって有効性が示されてきた.しかしながら,これらの研究は電波品質の理論解析に直接利用できない.そこで本研究では,GI超え遅延波による雑音が周波数特性に与える影響を考慮し,放送電波の品質評価に有用な等価C/N劣化量を理論解析できるように定式化した.さらに,実際に運用中の伝送パラメータについて数値計算による理論解析を行った結果,理論値と実測値がある程度一致することを確認した. 
(英) We have derived theoretical formulas to calculate the equivalent C/N degradation values when the delay wave is over the guard interval (GI) in the digital terrestrial TV broadcasting. From the results of theoretical analysis by numerical calculations, we have found the following. In the case of high-definition TV, theoretical values and measured ones are the same sufficiently. Also if the delay time exceeds GI slightly, the degradation becomes large rapidly. In the case of 1seg, the degradation becomes large slowly. Also if the level of delay wave is small, the degradation is saturated. Therefore, our method is useful in maintaining the signal quality.
キーワード (和) 地上ディジタルテレビ放送 / 遅延波 / ガードインターバル / 等価C/N劣化量 / DU比 / / /  
(英) digital terrestrial TV broadcasting / delay waves / guard interval / equivalent C/N degradation value / desired-to-undesired signal ratio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 181, RCS2015-148, pp. 97-102, 2015年8月.
資料番号 RCS2015-148 
発行日 2015-08-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2015-08-17 - 2015-08-18 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka Univ. 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ガードインターバル超え遅延波によって生じる地上ディジタル放送波の等価C/N劣化量に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations of Equivalent C/N Degradation Caused by Delay Waves over Guard Interval in Digital Terrestrial TV Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上ディジタルテレビ放送 / digital terrestrial TV broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 遅延波 / delay waves  
キーワード(3)(和/英) ガードインターバル / guard interval  
キーワード(4)(和/英) 等価C/N劣化量 / equivalent C/N degradation value  
キーワード(5)(和/英) DU比 / desired-to-undesired signal ratio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 生岩 量久 / Kazuhisa Haeiwa / ハエイワ カズヒサ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-18 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-148 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2015-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会