お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-05 13:30
日本語理解における動詞の予測
新井 学東大)・中村智栄マサチューセッツ工科大)・広瀬友紀東大TL2015-21
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) Increasing evidence suggests that comprehenders make a prediction about upcoming arguments using various kinds of linguistic as well as non-linguistic information in comprehending head-final languages (e.g., Kamide et al., 2003). There is, however, no strong evidence to date as to whether comprehenders would predict a specific verb based on preceding input. We conducted an experiment with a novel method using lexical repetition priming. Our participants first saw a prime sentence, the part of which prior to the verb either strongly encouraged a prediction of a specific verb or did not (CONTEXT). Crucially, the prime sentence always ended with a verb that was not predicted but still perfectly grammatical. In a target trial, they performed a lexical decision task judging whether the word presented was a real word or non-word. The presented word was either the verb that was most likely predicted in the immediately preceding prime trial or the one that was irrelevant to prime context (VERB TYPE). Our analysis of reaction times in the target trials revealed a significant interaction between CONTEXT and VERB TYPE, showing that there was a significant simple effect of CONTEXT for the predicted verbs, with the reading times being significantly shorter in the prediction-encouraging condition than in the prediction-discouraging condition. In contrast, there was no simple effect of CONTEXT for the irrelevant verbs. Our finding provides conclusive evidence for the prediction of a specific verb in the comprehension of a head-final language. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 176, TL2015-21, pp. 19-22, 2015年8月.
資料番号 TL2015-21 
発行日 2015-07-29 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2015-21

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2015-08-05 - 2015-08-06 
開催地(和) 津田塾大学 
開催地(英) Tsuda College 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2015-08-TL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 日本語理解における動詞の予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Predicting the verb in comprehending Japanese 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 学 / Manabu Arai / アライ マナブ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 智栄 / Chie Nakamura / ナカムラ チエ
第2著者 所属(和/英) Massachusetts Institute of Technology (略称: マサチューセッツ工科大)
Massachusetts Institute of Technology (略称: MIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 友紀 / Yuki Hirose / ヒロセ ユキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-05 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2015-21 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-TL-2015-07-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会