電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-04 14:35
[奨励講演]移動端末のセンサデータに基づく階高推定
泉川晴紀廣田祐生花野博司小野智弘KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,移動端末により収集されるセルラシステムなど無線システムのカバレッジ情報(例えば,受信信号強度)と位置情報を用いることで,カバレッジ状態の可視化やカバレッジの問題の特定などを行う研究を実施している.より正確に当該可視化や特定を行うためには,緯度・経度の二次元の位置情報だけでなく,高さ方向を加えた三次元の位置情報が必要となる.そのため,筆者らは,気圧センサを搭載する移動端末を対象に,屋内での端末のフロアレベルを推定する手法を検討している.当該手法は,多数の他端末における気圧値を元に,推定対象端末の周囲の地上レベルの気圧値を推定し,当該地上レベルの気圧値を基準として,対象端末の観測気圧を用いて滞在フロアを推定するものである.ここで,滞在フロアは,対象端末の地上からの高度を予め設定した階高(階毎の高さ)で割って算出している.しかしながら,実際には階高は建物によって異なるものである.よって,事前に設定した階高と実際の階高との差が大きい場合,推定されたフロアの誤差も大きくなってしまう.
そこで,本稿では,階高を推定する手法について報告する.当該手法では,ある建物内で観測された多数の気圧の度数分布に対して差分法を適用することで床面を検出し,床面間の距離を階高として推定する.スマートフォンを用いた事前実験の結果,当該手法により階高を推定できる可能性があることが分かった. 
(英) We have undertaken research and development with the objectives of making cellular coverage distinctly visible and identifying a coverage problem such as coverage holes based on gleaned coverage information, i.e., location information and radio quality information, from mobile terminals. In order to efficiently realize the above objectives, the three-dimensional location information is required rather than the two-dimensional perspective of latitude and longitude. Therefore, we studied a method to estimate the indoor floor level of a mobile terminal equipped with a barometric pressure sensor. In the method, first, the height of the physical location of the terminal from the ground is estimated using both barometric pressure as measured by the terminal and the base pressure as a reference. The base pressure is the barometric pressure at ground height close to the terminal. The base pressure estimate is based on a large number of barometric pressures from many mobile terminals. Then, the floor level is estimated by dividing the height from the ground by a pre-determined floor height, i.e., the height between the floors. However, the estimated floor height actually depends on each building. Therefore, the error of an estimated floor becomes large if the difference between the actual and the pre-defined floor heights is large.
Thus, in this paper, we present a method to estimate the height of a floor. The method applies the difference method to a frequency distribution of heights from the ground in a building in order to detect a floor face. The height between the floor faces is regarded as the floor height. Through a preliminary experiment using a smartphone, we found that the method has the potential to estimate the floor height accurately.
キーワード (和) 階高 / 気圧センサ / 三次元測位 / MDT / / / /  
(英) Floor height / Barometric pressure sensor / Three-dimensional positioning / MDT (Minimization of Drive-Tests) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 172, MoNA2015-12, pp. 21-24, 2015年8月.
資料番号 MoNA2015-12 
発行日 2015-07-28 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2015-08-04 - 2015-08-05 
開催地(和) 神戸大学 百年記念館 
開催地(英) Kobe University Centennial Hall (Rokko Hall) 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,モバイルマルチメディア,モバイルサービス,ITSおよび一般 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile Applications, Mobile Multimedia, Mobile Services, ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2015-08-MoNA 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 移動端末のセンサデータに基づく階高推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How high is the floor? Floor Height Estimation Based on Mobile Phones with Sensor Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 階高 / Floor height  
キーワード(2)(和/英) 気圧センサ / Barometric pressure sensor  
キーワード(3)(和/英) 三次元測位 / Three-dimensional positioning  
キーワード(4)(和/英) MDT / MDT (Minimization of Drive-Tests)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉川 晴紀 / Haruki Izumikawa / イズミカワ ハルキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 祐生 / Yuki Hirota / ヒロタ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 花野 博司 / Hiroshi Hanano / ハナノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 智弘 / Chihiro Ono / オノ チヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-04 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2015-12 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.172 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoNA-2015-07-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会