お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-03 15:50
空間フーリエ変換に基づくマルチスポット再生とその実装
岡本拓磨NICT)・坂口 敦パナソニックEA2015-15
抄録 (和) 音の聞こえるエリアと聞こえないエリアを多数のスピーカを用いて実現するマルチスポット再生方式について検討する.これまでに,空間フーリエ変換に基づく直線スピーカアレイを用いた方式を提案し,多点制御方式よりも高精度な制御を実現した.この従来法は制御音圧を矩形窓でモデル化しているが,波数領域ではsinc関数であり,サイド ローブが大きい.エリア再生では,空間解像度よりも音が聞こえるエリアと聞こえないエリアのダイナミックレンジが重要ある.そこで本報告では,波数領域においてサイドローブが少なく,矩形窓よりもダイナミックレンジの大きいコサイン窓を用いて音圧をモデル化した駆動信号を解析的に導出する.シミュレーションにより,コサイン窓方式の有効性を示す.さらに,直線スピーカアレイを実装し,64チャネルおよび 32 チャネル無響室での実測結果を示す. 
(英) An analytical method for generating acoustically bright and dark zones at arbitrary horizontal positions using a linear loudspeaker array was proposed. This method is based on the spatial Fourier transform and models sound pressures at the control line as a rectangular window corresponding to bright and dark zones. It is widely known that a rectangular window contains sidelobes. To improve the previous proposed method with high dynamic range, this paper introduces a cosine window, which contains less sidelobes, for modeling sound pressures instead of a conventional rectangular window. Computer simulation results show that the proposed method using a cosine window can control sound field more accurately than that using a simple rectangular window. In addition, a linear array of 64 loudspeakers was actually implemented and the measurement results show that the proposed methods outperform the conventional energy difference maximization method.
キーワード (和) 局所再生 / スピーカアレイ / 空間フーリエ変換 / 空間フィルタリング / 窓関数 / / /  
(英) multizone / loudspeaker array / spatial Fourier transform / spatial filtering / window function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 169, EA2015-15, pp. 29-34, 2015年8月.
資料番号 EA2015-15 
発行日 2015-07-27 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2015-15

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2015-08-03 - 2015-08-04 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku Univ., Research Inst. of Electrical Communication 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2015-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間フーリエ変換に基づくマルチスポット再生とその実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiple sound spots generation by spatial filtering in wavenumber domain using a linear loudspeaker array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所再生 / multizone  
キーワード(2)(和/英) スピーカアレイ / loudspeaker array  
キーワード(3)(和/英) 空間フーリエ変換 / spatial Fourier transform  
キーワード(4)(和/英) 空間フィルタリング / spatial filtering  
キーワード(5)(和/英) 窓関数 / window function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 拓磨 / Takuma Okamoto / オカモト タクマ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 敦 / Atsushi Sakaguchi / サカグチ アツシ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-03 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2015-15 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.169 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2015-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会