お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-03 15:20
球面調和解析に基づく複数領域音場再現法の3次元再現領域評価
清水 拓トレビーニョ ホルヘ坂本修一鈴木陽一東北大)・伊勢友彦アルパインEA2015-14
抄録 (和) 高次アンビソニックス(High-Order Ambisonics, HOA)は他の音場再現技術と比較して,少ないスピーカ数での高精度領域再現可能,収音・再生系の独立した設計,3次元音場に対応可能といった利点を有する.しかし,高精度に音場を再現できるのはコンパクトな一つの領域のみであることから,複数の聴取者への対応が困難である.一方,複数の聴取者に高精度な音場を提示する手法として,複数の領域に同時に音場を再現する手法が提案されている.しかし,従来法は水平面の音場にしか対応していない.これに対して,我々は3次元の音場も再現可能な,球面調和解析に基づく複数領域音場再現法を提案した.ただし,2次元平面上の音圧のみのシミュレーションによって評価を行った,3次元音場の再現性能の検証が不十分であった.本稿ではシミュレーション領域を2次元平面から3次元空間に拡張し,提案法による平面波の再現精度を検証した.その結果,平面波の到来方向によらず音場を高精度に再現可能なことを確認し,提案法が3次元音場に対応可能であることが示された. 
(英) The sound field reproduction method known as High-Order Ambisonics(HOA) allows for the accurate presentation of spatial sound using fewer loudspeakers than competing technologies. However, its formulation limits it to a single compact reproduction zone making it inadequate for multi-user applications. To overcome this limitation, we proposed a multi-zone sound field reproduction method based on spherical harmonic analysis. This method has been evaluated only through simulations in the horizontal plane. Here, we extend the evaluation to consider the entire three-dimensional space and plane waves arriving from different elevations. Our results show that the proposed method is capable of reproducing three-dimensional sound fields.
キーワード (和) 音場再現 / 空間音響 / 複数領域音場再現 / 球面調和解析 / 高次アンビソニックス / / /  
(英) Sound field reproduction / Spatial sound / Multi-zone sound field reproduction / Spherical harmonic analysis / High-order Ambisonics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 169, EA2015-14, pp. 23-27, 2015年8月.
資料番号 EA2015-14 
発行日 2015-07-27 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2015-14

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2015-08-03 - 2015-08-04 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku Univ., Research Inst. of Electrical Communication 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2015-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 球面調和解析に基づく複数領域音場再現法の3次元再現領域評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Three-dimensional evaluation of a multi-zone sound field reproduction algorithm based on spherical harmonic analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音場再現 / Sound field reproduction  
キーワード(2)(和/英) 空間音響 / Spatial sound  
キーワード(3)(和/英) 複数領域音場再現 / Multi-zone sound field reproduction  
キーワード(4)(和/英) 球面調和解析 / Spherical harmonic analysis  
キーワード(5)(和/英) 高次アンビソニックス / High-order Ambisonics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 拓 / Taku Shimizu / シミズ タク
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) トレビーニョ ホルヘ / Jorge Trevino / トレビーニョ ホルヘ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 修一 / Shuichi Sakamoto / サカモト シュウイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yo-iti Suzuki / スズキ ヨウイチ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢 友彦 / Tomohiko Ise / イセ トモヒコ
第5著者 所属(和/英) アルパイン株式会社 (略称: アルパイン)
Alpine Electronics, Inc (略称: Alpine Electronics)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-08-03 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2015-14 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.169 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2015-07-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会